日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

コールガール(1982)
コールガール

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1982年09月18日 
製作会社
ジャック・プロ 
配給会社
松竹映像企画松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

警察に追われ国外に逃亡していたかつての恋人と再会し、思わぬ事件に巻き込まれるコールガールの姿を描く。脚本は「欲情まんかい 若妻同窓会」の中野顕彰、小川英、「すっかり…その気で!」の田波靖男の共同執筆、監督も同作の小谷承靖、撮影は「団鬼六 女美容師縄地獄」の安藤庄平がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
田波靖男
企画
奥山和由
プロデューサー
井上高相馬一比古結城良煕
脚本
中野顕彰小川英田波靖男
監督
小谷承靖
撮影
安藤庄平
音楽
伊藤詳
美術
薩谷和夫
録音
福島信雅
照明
田島武志
スチール
目黒祐司
編集
井上治
助監督
村上修
協力
内田裕也

ストーリー

マリは政界、財界、一流スポーツ選手を相手にするコールガールだ。仕事のない日のマリはマンションの自室で白い兎と戯れたり、伊勢崎町をウィンドウショッピングしたりしている。マリに仕事を持って来るのは、若さに似合わず、不敵さを備えた牧野という男だ。最近、マリは誰かに尾行されている気配を感じ、牧野に相談をする。そんなある日、尾行していた男がマリに近づくと、「江口が帰国している」と告げる。息をのむマリ……。五年前、大学病院の飼育係りをしていたマリは、インターンの江口と知り合い、恋に落ちた。しかし、江口は医療ボランティアとして中東に出発してしまう。その後、江口は戦火に巻きこまれて死亡したと、大使館からマリに報せが入った。その江口が生きている。牧野から連絡が入り、伊豆で大きな催しがあり、仲間のあけみや英子と一緒に出発した。伊豆のゴルフ場では、女たちは集まった客を手際よく応待、大手企業の社長、五井は満足気にこの様子を見ながら、大きな取引きの成功を実感していた。英子では手に負えないマゾッ気のあるアメリカ人、ジョーンズを、マリは長靴、軍帽姿で鞭を持って責めつけた。マリは、牧野から尾行する男は極左暴力担当の公安刑事だと知らされる。ジョーンズと分かれ、自分の部屋に戻ったマリは、そこで待っていた江口と再会する。二人は五年間の空白を埋めるかのように激しく貪りあった。翌朝、金を要求するマリ。それは思い出を断ち切ろうとする決意の言葉だ。江口は悦子という女性と新婚旅行を装ってこのホテルに投宿しているが目的は戦争仕掛人のジョーンズを殺すことだった。江口はプールサイドで朝食をとるジョーンズに爆弾を仕掛けようとするが、マリが一緒にいるために実行に移せなかった。その瞬間から江口は組織からも追われる身となった。伊豆から帰った数日後、マリに悦子から連絡が入り、海外へ逃亡する手だてをつけてくれと頼まれる。マリは牧野に協力を求めた。このために、牧野に一生とらわれの身になってもマリはかまわなかった。マリと牧野は江口と悦子を装い、刑事や組織の追手を引きずり回し、その間、江口と悦子は国外脱出に成功するのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。