日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

テクノポリス21C
テクノポリスニジュウイチシー

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1982年08月07日 
製作会社
東宝東宝映像 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
79分  

21世紀を舞台に人間とロボットの刑事が犯罪に立ち向かう様を描いたSFアクション・アニメーション。総監督に松本正志。脚本監修を佐々木守が担当。

スタッフ

プロデューサー
森岡道夫
原案
鈴木敏充
脚本
松崎健一星山博之山本優松本正志
脚本監修
佐々木守
監督
松本正志
演出
大貫信夫
キャラクターデザイン
天野喜孝
メカニカルデザイン
宮武一貴
美術
勝又激
音楽
久石譲

ストーリー

21世紀、全世界の知恵と技術が結集して造り上げた人工未来都市「センチネルシティ」。それは人類の未来を象徴する理想郷であるかにみえた。しかし、そこでは悪の病根もまた科学的かつ集団による大掛りなものと変ってきていた。犯罪は日毎に組織化、凶悪化し、従来の警察機構や捜査方法では立ちうち出来ない状態となった。そうした時代の要請に応えて新しい刑事警察機構テクノポリスが作られた。別名特捜マシーン隊と呼ばれ、テクノロイドと呼ばれるロボットが製作された。全国から選び抜かれた優秀な人材を集め、事件発生、緊急出動にそなえていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました