日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

鏡の中の悦楽
カガミノナカノエツラク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1982年07月09日 
製作会社
にっかつ 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
66分  

義姉に瞳れを抱く青年のアブノーマルな欲望を描く。蘭光生の同名小説を「セクシープリン 癖になりそう」の桂千穂が脚色、監督は「マダム・スキャンダル 10秒死なせて」の西村昭五郎、撮影も同作の山崎善弘がそれぞれ担当。

スタッフ

プロデューサー
中川好久
企画
進藤貴美男
原作
蘭光生
脚本
桂千穂
監督
西村昭五郎
撮影
山崎善弘
選曲
伊藤晴康
美術
菊川芳江
録音
信岡実
照明
田島武志
スチール
目黒祐司
編集
西村豊治
助監督
黒沢直輔

ストーリー

不動産業を営む柴塔家には新婚の慎一と千沙子、慎一の弟で大学院生の潤二、家政婦・のぶの四人が住んでいた。千沙子は、この安定した生活にほぼ満足していたが、風呂場で獣のように彼女の肉体を求める慎一の性癖だけにはなじめなかった。弟の潤二も同様で、夜な夜な下の風呂場から聞こえてくる声に苦しめられた。ある日、潤二はマジックミラーを風呂場に取りつけ、兄夫婦の情事を覗いてしまう。慎一が出張中、千沙子が風呂場に行くと、珍しく潤二が風呂を洗っていた。千沙子も手伝っていると、いきなり潤二が背後から抱きしめてきた。驚いた千沙子は逃げようとしたが、欲望に狂った潤二の力の前では無力で、犯されてしまう。その後も二人の関係は続き、義姉と愛し始めた潤二は兄を殺す決心をかためた。ある夜、客が帰ると、慎一はいつものように千沙子を促して風呂場に行った。いやがる千沙子を無理に裸にすると、乳房のキスマークを発見し口汚なくののしった。その時、ナイフを手にした潤二が現われ、慎一に襲いかかった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。