日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

Dr.SLUMP ドクタースランプ
ドクタースランプ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1982年07月10日 
製作会社
東映動画 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

『週刊少年ジャンプ』に連載されている鳥山明の同名漫画を映画化したもの。監督は永丘昭典、脚本は雪室俊一、金春智子、井上敏樹、島田満の共同。撮影監督は白井久男と佐野禎史がそれぞれ担当している。

スタッフ

製作総指揮
今田智憲
企画
有賀健七條敬三
脚本
雪室俊一金春智子井上敏樹島田満
原作
鳥山明
監督
永丘昭典
音楽
菊池俊輔
製作担当
岸本松司
作画監督
前田実
美術監督
浦田又治
撮影監督
白井久男
撮影
佐野禎史
編集
花井正明
録音
二宮健治
協力
りんたろう

ストーリー

ペンギン村に夏が来た。ペンギン村中学校では、山吹先生から付録つきの成績表が配られた。アラレにはルビーの指輪だ。そして、山吹先生は国に帰らなければならないので、みんなとお別れですという。アラレからそのことを聞いたセンベイは、ルビーは自分に対するプロポーズと早合点し、山吹先生のアパートをたずねていった。山吹先生の話では、自分の故郷はタケヤサオダケ星で、自分を育ててくれたタケヤ王妃が病気になったので帰らねばならないのだという。やがて、山吹先生は迎えの宇宙船に乗って去ていった。一時は悲嘆の底にあったセンベイも一念発起して、宇宙船を建造。宇宙戦艦ヤマトのような、巨大なイモのようなその宇宙船に乗り込むセンベイ、アラレ、あかね、タロウ、ピースケ、ガッちゃん。タケヤ王妃は病気ではなく、宇宙の征服者マシリトが山吹先生の写真に惚れ込み、彼女と結婚しようとしてしくんだ罠だった。アラレたちは、マシリト配下の三悪人のくり出す巨大ロボットや攻撃機を倒して、タケヤサオダケ星に着陸。マシリトをアラレがこてんぱんにやっつけて、山吹先生を無事救出。彼女をつれて一行は再び地球へ。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。