日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2018年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

おはよう!スパンク
オハヨウスパンク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1982年03月13日 
製作会社
東京ムービー新社 
配給会社
東宝東和 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
99分  

講談社の『なかよし』連載の同名漫画の映画化。脚本は「おじゃまんが山田くん」金子裕、監督はTVアニメ「二十四の瞳」などを手がけた吉田しげつぐ、撮影は三沢勝治がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
藤岡豊稲田伸生
原作
雪室俊一たかなし しずえ
脚本
金子裕
監督
吉田しげつぐ
作画監督
香西隆男
撮影
三沢勝治
音楽
馬飼野康二
美術
龍池昇
録音
山田悦司
編集
掛須秀一

ストーリー

中学生の愛子と彼女の愛犬スパンクは、学校の帰りに一人の少年とアンナという犬に会った。スパンクはアンナに一目ぼれをしてしまう。あくる日その少年、島田翔が愛子の学校に転校して来て、ヴァイオリンの天才だと紹介される。愛子のクラスメートのせりのは翔に熱をあげ、愛子が仲をとりもとうとするが、翔とけんか別れになってしまう。スパンクは病気になったアンナに会うことが出来なくなりハンガーストライキに入る。アンナの行方不明がきっかけで翔と愛子は仲直りし、スパンクや友だちのトラ吉たちとアンナを探し出す。アンナとスパンクは結婚することになるが式の真っ最中に、アンナの昔の恋人タローの鳴き声が聞こえ、大騒ぎになる。そして翔はヴァイオリンの勉強のため渡米することを迷っていたが、愛子が出発までの間に楽しい思い出を作ろうと説得し、翔はアメリカへ旅立っていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2018/12/25]

映画情報を18件更新しました。

[2018/11/28]

映画情報を41件更新しました。