日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

闇に抱かれて(1982)
ヤミニダカレテ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1982年02月26日 
製作会社
にっかつ 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
68分  

子供の頃から仲のいい二人の女性の生活とセックスを描く。脚本はたかいすみひこ、監督は「おんなの細道 濡れた海峡」の武田一成、撮影は「快楽温泉郷 女体風呂」の水野尾信正がそれぞれ担当。

スタッフ

プロデューサー
結城良煕岡田裕
企画
進藤貴美男
脚本
たかいすみひこ
監督
武田一成
撮影
水野尾信正
音楽
甲斐八郎
美術
川船夏夫
録音
木村瑛二
照明
矢部一男
スチール
目黒祐司
編集
山田真司
助監督
住森正徳

ストーリー

美枝子と綾子は幼い頃からの親友で、同じ会社に勤め、アパートに同居していた。美枝子は恋人もなく、綾子は本間という妻子ある男と関係を続けていた。二人が体を重ねるとき、美枝子は散歩に出ることにしている。そんな優しい美枝子に、綾子は本間とふざけ合うのを見せつけたりする。ある日、二人の勤める会社に本間の妻、敏江がやって来ると、綾子をなじり、横っ面をひっぱたいた。夢から覚めたような気持になった綾子は、その夜、したたか酪酊し、バーで知り合った自殺志願の男と三宅島に自殺しに行くことを決意する。綾子の別れの電話を受けた美枝子は、離婚を決意する本間と二人の後を追った。三宅島のホテルを捜し歩くうち、美枝子に情の移った本間は体を求めた。綾子への気がねと、綾子の代用品と思う複雑な気持で、美枝子は体を開いた。一方、綾子と男は睡眠薬などで何度も自殺を試みるが、いずれも失敗していた。その日も、死にきれず、薬でフラフラしながら彷徨っていた。その頃、美枝子は体を求め追いすがる本間のみじめな姿に、綾子に気がねしつつも、心動かされるものを感じていた。そこへ、千鳥足の綾子が現われた。恋人同志のような二人の姿に、気が抜けていた綾子の目に光が蘇り、美枝子も、彼女をライバルと意識した。そして、二人の親友はまた生きていこうと思うのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。