日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

あしたのジョー2
アシタノジョーツー

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1981年07月18日 
製作会社
三協ヘラルドエンタープライズ富士ちば企画 
配給会社
日本ヘラルド 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
110分  

宿敵、力石の死のショックから立ち直り、再びリングに上がったジョーの姿を描く。高森朝雄、ちばてつやの同名の原作のアニメーションで、脚本、監督は「家なき子(1980)」の出崎統、撮影は「じゃりン子チエ」の高橋宏固がそれぞれ担当。

スタッフ

製作総指揮
梶原一騎
製作
川野泰彦
プロデューサー
島田十九八
原作
高森朝雄ちばてつや
脚本
出崎統
監督
出崎統
監修
ちばてつや
作画監督
杉野昭夫
撮影
高橋宏固
音楽
井上尭之
美術
小林七郎
録音
瀬川徹夫
編集
鶴渕允寿
主題曲
ジョー山中
製作協力
東京ムービー新社

ストーリー

力石徹の死は、ジョーにグラブを握れないほどのショックを与えた。戦意は失われ、ドサ回りの賭けボクサーにまで落ちぶれた。しかし、ドヤ街の連中、白木葉子、丹下段平など、周囲の人々の必死の励ましで、再び戦うことに目ざめた。無冠の帝王と言われたカーロス・リベラ戦をかわきりに、金龍飛、ハリマオとジョーの闘いは続いた。そして、ついに世界チャンビオン、ホセ・メンドーサへ挑戦。今まで味わったことのない苦しい減量。十五ラウンドの凄絶な闘い。熱狂する会場にレフリーの声がこだまする中、リングサイドに、真っ白になって燃えつきたジョーの姿があった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。