日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

俺とあいつの物語
オレトアイツノモノガタリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1981年08月08日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
93分  

貧しくても幸福な生活を求める郵便配達をする夫と、外へ出て働きたいという妻との愛と葛藤をユーモラスに描く。脚本は「男はつらいよ 寅次郎かもめ歌」の朝間義隆と「思えば遠くへ来たもんだ」の梶浦政男の共同執筆、監督も同作の朝問義隆、撮影は新人の花田三史がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
名島徹
脚本
朝間義隆梶浦政男
監督
朝間義隆
撮影
花田三史
音楽
森田公一
美術
芳野尹孝
録音
小林英男
照明
山ノ上実
スチール
赤井博且
編集
後藤彦治
助監督
梶浦政男

ストーリー

南原幸四郎は函館の郵便配達で、ひと目惚れした純子と平凡だが幸福な新婚生活を送っている。ある日、純子が「牧場で働きたい」と言いだした。そこは鳥海育哉をリーダーに男女十人が働く貧しい牧場で、幸四郎と純子も恋人同志の頃は、よくそこへ行ったことがある。彼女が牧場へ行けば別居生活になる。その日から、二人の間は気まずいものとなり、話し合いは平行線のまま、純子は牧場に向った。残された幸四郎は純子のことを思って毎日を送り、一方、彼女も、予想以上につらい仕事に彼のことを偲んだ。休みの日に幸四郎は牧場を訪ね、二人の間に理解が戻ったかに見えた。幸四郎にボーナスが出た数日後、純子がやって来た。喜ぶ幸四郎に、彼女は資金難の牧場にボーナスを貸してくれと言う。幸四郎は怒り、純子は寂しく牧場に帰った。その後、幸四郎は酒びたりで、生活は荒んでいった。そこへ純子が倒れたとの知らせが入り、幸四郎は牧場に向い、彼女を寝ずに看病をした。純子は、重い物を運んでギックリ腰になったのだ。二人の間に平穏さか戻って間もなく、今度は、純子に代って仕事を手伝っていた幸四郎がギックリ腰になってしまった。二人はベッドを並べて入院となった。久しぶりの二人だけの生活に、純子は昔みたいに暮らそうと言う。しかし、幸四郎は、「愛情さえ持ち続けていれば、俺たちはうまくいくさ、だから、やりたいことをやったほうがいい」と話す。幸四郎は函館の丘を、またペダルを踏んで配達をしている。純子は今ごろ小高い丘の斜面でかいがいしく働いているだろう。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。