日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

モアセクシー 獣のようにもう一度
モアセクシーケモノノヨウニモウイチド

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1981年08月07日 
製作会社
にっかつ 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
81分  

麻薬取引に暗躍するヤクザ組織に挑む一人の女とGメンの活躍くを描く。脚本は「愛の白昼夢」の中野顕彰、監督は「百恵の唇 愛獣」の加藤彰、最影は「団鬼六 女秘書縄調教」の米田実がそれぞれ担当。

スタッフ

プロデューサー
八巻晶彦
企画
山田耕大
脚本
中野顕彰
監督
加藤彰
撮影
米田実
音楽
甲斐八郎
美術
渡辺平八郎
録音
酒匂芳郎
照明
田島武志
スチール
井本俊康
編集
山田真司
助監督
上垣保朗
制作補
鶴英次

ストーリー

横浜を縄張りに美人局で商売するヨーコと次郎は、ひょんなことから、市会議員、桑原の車を盗み、さらにパンダの人形を手に入れた。その時以来、ヤクザ組織、信成会に狙われた二人は、やがて、人形の中に麻薬が入っていることをつきとめる。仲間のチビが信成会の北見を尾行、取引の日を調べてきた。そこへ、ジョーという男が仲間に入れてくれとやって来た。一方、次郎は組織の情婦にだまされ監禁されてしまい、ヨーコに連絡しようとして殺されてしまった。ジョーは、実は麻薬Gメンで、取引の現場に集まったヨーコたちを逃すと、パトカーを呼び組織を一網打尽にした。はしゃぎ回る仲間をよそにヨーコは一人、街を歩き出した。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。