日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ブルージーンズメモリー
ブルージーンズメモリー

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1981年07月11日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
Blue Jeans Memory  
上映時間
92分  

横浜の港を舞台に、三人の若者の友情を描く。今、人気の頂点にあるたのさんトリオが出演する第二作日。脚本は「青春グラフィティ スニーカーぶるーす」の田波靖男と同作の安斉あゆ子の共同執筆、監督も同作の河崎義祐、撮影は「裸の大将放浪記」の原一民がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
田中義一小倉斉ジャニー喜多川
脚本
田波靖男安西あゆ子
監督
河崎義祐
撮影
原一民
音楽
筒美京平
美術
樋口幸男
録音
宮内一男
照明
小島真二
スチール
石月美徳
編集
黒岩義民
助監督
安田真人
振り付け
山田卓西条満
制作補
徳増俊郎
作詞
松本隆
作曲
筒美京平
編曲
馬飼野康二
近藤真彦

ストーリー

船乗りになろうと横浜に向う真は、途中で出会った芳太郎の祖母勝江の経営するホテルに転り込んだ。そのマリンホテルは海の男たちのいこいの場所だった。真はタグボートの船員の俊之たちに混って仕事を始めた。俊之は母、静子と弟の健二の三人暮し。静子に再婚の話が来て、弟と母は結婚相手の五十嵐の住む島に向った。一方、真、芳太郎、俊之と、地元のチンピラたちとの争いが絶えず続いていた。その頃、マリンホテルは赤字の大ピンチで、レジャー企業に買収されそうだった。真と芳太郎はかつてマリンホテルで暮し、今、大金持となった福富に接近、三人で開くコンサートの資金を出させた。コンサートに客が集まれば赤字を埋められる。そこへ俊之の弟、健二が危篤で、至急血清が必要との連絡が入った。あいにくの台風で船が出ないとあって、三人は小さな船で出発。大波にさらわれ船は転覆、真は血清を持って島へ泳ぎ出した。島に血清を届けると、海にいる二人を救出。コンサートの時間が刻々と迫る会場に三人はやっと到着。コンサートは大成功に終り、ホテルは無事に営業を続けられそうだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/05/29]

映画情報を3件更新しました。

[2020/05/08]

映画情報を3件更新しました。