日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ガキ帝国
ガキテイコク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1981年07月04日 
製作会社
ATGプレイガイドジャーナル 
配給会社
ATG 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
115分  

一九六七年、三年後に万国博を控えた大阪を舞台に、抗争を続ける不良グループに戦いを挑む三人の少年達を描く。脚本は西岡琢也、監督は井筒和生の名で「行く行くマイトガイ 性春の悶々」などピンク映画を演出してきた井筒和幸、撮影は牧逸郎がそれぞれ担当。

スタッフ

プロデューサー
林信夫佐々木史朗
企画
多賀祥介
原案
井筒和幸
脚本
西岡琢也
監督
井筒和幸
撮影
牧逸郎
音楽
山本公成
録音
木村均
照明
佐々木政弘
スチール
川辺博史梅林敏彦
編集
菊池純一
助監督
西岡琢也
メイク
川口真利子
衣裳
堤千晶
車輛
吉田隆明周正和津波弘
外国語指導
金往成子
会計
豆村ひとみ
製作進行
堰守
監督助手
福岡芳穂川上昇
撮影助手
上田敏彦丸山正法高田芳郎
録音助手
佐藤茂樹
照明助手
松田藤吉内藤喜久雄鈴村真琴
製作助手
永田健一高木淳彦
ネガ編集
管野洋子

ストーリー

少年院から出てきたリュウは一緒に出院した高を連れ友達のケンとチャボのいる母校へ行った。二人の話によると、大阪一の繁華街・キタには北神同盟、ミナミにはホープ会などが勢力を広げ、ゴーゴーホールや喫茶店に自由に出入り出来ないという。数日後、リュウ、ケン、チャボの三人は、仲間がカツアゲされたことから、北神のガキ十人を襲った。その頃、高は北神に入会、上部組織の暴力団、神竜会の小野から、入会の儀式として凄惨なリンチを受けた。小野は根性のある高を気に入り、打たれ強いことから“明日のジョー”と名付けた。ジョーは小野の後ろだてにメキメキ頭角をあらわし、会長を倒しその座を奪った。縦横無尽に暴れ、ホープ会も傘下にした北神の噂に、リュウたち三人は自由に遊べる街にしなくてはと思う。ケンの友人がホープ会のガキに改造ガンで射殺された。三人はホープ会を徹底的に叩きのめし、ケンは会長に重傷を負わせたことで、高校を自ら退学した。会長を失ったホープ会の残党はリュウとチャボに新グループの会長になって欲しいとやって来る。最初は渋った二人も、申し出を受け、ピース会と改名してミナミに繰り出すようになった。ケンは、俺達は自由を愛し、集団化を嫌ったはずだと、二人から離れていく。その頃、北神同盟は梅田会と改名、大阪全域の不良グループを吸収、暴力団予備軍と化していた。そして、とうとうリュウ達と梅田会の戦いの日がやって来た。無数の相手に凄絶な戦いの中で、リュウがフォーク・リフトでジョーを殺害した。血迷ったガキがチャボを蹴り続けて絶命させてしまう。数年が過ぎた。夜の街を歩くケンは、今や、機動隊員となったかつての敵と出会う。したたかに殴りとばすと、追いすがる機動隊員たちをフリ切って飲み屋に飛び込んで叫んだ。“ビール一本!”

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。