日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

もっと激しくもっとつよく
モットハゲシクモットツヨク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1981年05月15日 
製作会社
にっかつ 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
74分  

かって、妻子ある男と関係した女が、現在、その男と子供と関係していく中で、破滅していく姿を描く。脚本は「宇能鴻一郎の浮気日記」の鹿水晶子、監督は「ハードスキャンダル -性の漂流者-」の田中登、撮影は「ANO・ANO 女子大生の基礎知識」の森勝がそれぞれ担当。

スタッフ

プロデューサー
村井良雄
企画
佐々木志郎
脚本
鹿水晶子
監督
田中登
撮影
森勝
音楽
甲斐八郎
美術
川船夏夫
録音
福島信雅
照明
矢部一男
スチール
井本俊康
編集
鍋島惇
助監督
上垣保朗
制作補
三浦増博

ストーリー

名門、鳥井坂家で、六十五歳になる当主の半蔵と孫ほども年の離れたマリの結婚披露パーティが開かれていた。パーティには、半蔵の跡取りの直道、妻の篝、親類付き合いをしている蒔枝博、圭子夫妻、その息子の達也がそれぞれの思惑を秘めて出席していた。十年前、篝は博と関係を結び、当時九歳だった達也に現場を目撃されていた。弱味を握られる篝は、十九歳に成長した達也に接近する。そこで、二人は殺したい人間を交換で殺そうと冗談を言いあった。達也は直道を、篝はある女を殺したいと話す。帰路、直道は篝の下半身をいたずらしながら車を運転していると、コンクリート壁に激突して死んでしまう。報せを聞いた達也は、冗談ではなかったと顔面蒼白となる。その後、交換殺人の緊張からか、篝と達也は逢瀬を重ね、激しく体を貧り合った。篝は、達也に近づくほど博との愛欲の日々を思い出し、ついに彼を昔と同じホテルへ呼び出した。篝との密会から遠ざかり、焦立つ達也に、彼女から連絡が入った。殺して欲しい女のいるホテルを教える篝。篝の体を思うと、恐ろしさも我慢して、達也は出刃包丁を持って部屋に向った。何と博もそこに呼び出されていた。部屋の中から「殺してもらいたいのは私です……」と声が洩れてきた。ドアを開けると、そこにはテープレコーダーから流れる篝の声と、傍に彼女の死体が横たわっていた。篝は自殺していたのだ。テープからは「二人の男を思う醜い私がいやになった……」と彼女の声が流れていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。