日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

白鳥の湖(1981)
ハクチョウノミズウミ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1981年03月14日 
製作会社
東映動画 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
75分  

チャイコフスキーのバレーでお馴染みの、ヨーロッパの伝説をアニメ化したもの。脚本は布勢博一、演出は矢吹公郎がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
今田智憲
企画
有賀健勝田稔男
脚本
布勢博一
演出
矢吹公郎
作画監督
野田卓雄
美術監督
辻忠直
音楽
ペーター・チャイコフスキー
演奏
ウィーン交響楽団
主題歌
石毛恭子
製作担当
佐伯雅久
協力
いがらしゆみこ

ストーリー

昔、ある国に王紀と王子ジークフリードが住んでいた。王子は成人の日、舞踊会で花嫁を選び国王になる予定だ。その日、王子は湖で、白鳥の群れの中の一羽が美しい娘に変身するのを目撃する。娘はオデットと名乗り、ロートバルトという悪魔の妻になることを断ったために白鳥にされてしまったと言う。王子はオデットを舞踊会に招待する。一方、ロートバルトは二人の約束に激怒、オデットを捕え、娘のオディールをオデットに化けさせて舞踊会へ向かった。オディールの手を取り、妻にすると宣言する王子。そこへロートバルトが現れ、だまされたことを知った王子は剣を抜いて向かって行くが、簡単にやられてしまう。オディールを妻にしろと、勝ちほこるロートバルト。王子は剣をつかむと自分の胸に刺した。その時、奇跡が起った。ロートバルトの体はバラバラになって消えていく。真実の愛が魔法に勝ったのだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。