日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

不良少年の夢
ヤンキーノユメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2005年10月15日 
製作会社
アマナスキネマ東京 
配給会社
オムロキネマスターフィルム 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
114分  

テレビドラマ『ヤンキー母校に帰る』で話題となった北星学園余市高校の現役教師・義家弘介(ひろのり)氏をモデルとして、余市町と同校の全面協力を得て製作された実録学園ドラマ。監督は「夢 追いかけて」の花堂純次。主演は「男たちの大和」の松山ケンイチ。

スタッフ

製作
橘松男
プロデューサー
三村順一霜村裕野辺忠彦
アソシエイトプロデューサー
竹村友里
原作
義家弘介「不良少年の夢」(光文社刊)
脚本
中岡京平花堂純次
監督
花堂純次
音楽
安川午朗
撮影
佐々木原保志
照明
金沢正夫
美術
金勝浩一
録音
岩倉雅之
編集
奥原好幸
記録
甲斐哲子
キャスティング
阿部一夫
助監督
水戸敏博
制作担当
宮川健治

ストーリー

1988年。札付の不良少年義家弘介(松山ケンイチ)が、降りしきる雪の余市駅に降り立つ。親から家を出され、里親と暮らしていた彼に「全国から中退者を受け入れ始めたる高校がある!」と勧められ、この見知らぬ北の町に辿りついたのである。彼にとって北星は「最後の居場所」だった。だが、これまで他人への敵愾心剥き出しで生きてきた彼が新しい環境にすんなり順応できるはずもなく、編入早々寮のワルたちと凄まじい衝突を引き起こす。「ここを出て行け。それが落とし前だ!」と宣告された義家は信じがたい壮絶な落とし前をつける。クラス担任の安達俊子(真野響子)は「ガンバ!」が口癖のおっとりした熱血先生で、掃除当番をさぼったぐらいで何処までも追いかけて来る。そんな彼女にまるで異星人と出会ったように新鮮な驚きを感じる義家。しかし寮で大暴れして強制退寮処分になってしまった義家たちワルグループは、生活指導の岸本(田中健)の奔走で滝本夫妻(西村雅彦・竹内都子)の寮に入る。滝本の寮で彼は、生まれて初めての家庭のぬくもりを知る。風邪で寝込んだ彼を親身に介抱する滝本に、愛を知らなかった少年の心の氷が溶けていく。そんな義家は同級生・西崎美紗緒(伴杏里)の心にふれる。美紗緒の両手は母親からの虐待でついた火傷と自傷の傷が痛々しかった。いじめで寮に閉じこもり不登校に陥った彼女が、海で入水自殺を図る。偶然通りかかった義家が必死で救出する。そんな義家の優しさに触れた美紗緒は、初めての自分の夢を彼の中に見つける。しかし親からの送金が途絶えた彼女は北星を去るしかなくなる。「一人で働いてお金をためて、必ず学校をやり直す。もう死のうなんて思わない。義家のお蔭で乗り越えられたから」そんな声を残して、彼女を乗せた列車がホームから去っていく。淡い初恋の終わりの中で、余りにも無力な自分をかみ締めるしかない義家だった。バラバラだった生徒たちの心がひとつになっていく。足に血豆を作りながら歩き抜いた「強歩遠足」。遅刻の常習犯の生徒の留年騒ぎに立ち上がった義家の言葉が、クラス全員に一致団結を生む。皆で大熱唱した文化祭など、各々の記憶を胸に刻みながら、やがて義家たちにも卒業の時が訪れる。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビスタ
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。