日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

単身赴任 新妻の秘密
タンシンフニンニイヅマノヒミツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1980年07月19日 
製作会社
にっかつ 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
72分  

夫の地方単身転勤中に浮気を楽しむ若妻の生活を描く。脚本は蘇武道夫、監督は「団鬼六 白衣縄地獄」の西村昭五郎、撮影は「若後家海女 うずく」の山崎善弘がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
三浦朗
企画
進藤貴美男
脚本
蘇武道夫
監督
西村昭五郎
撮影
山崎善弘
音楽
本多信介
美術
菊川芳江
録音
福島信雅
照明
田島武志
スチール
浅石靖
編集
鍋島惇
助監督
菅野隆

ストーリー

夫の精一が名古屋に単身赴任して以来、妻の美奈子の生活はハリがない。毎土曜日に夫が帰ってくるのが唯一の楽しみだ。その土曜日がやってきた。二人は一週間、たまった欲望をぶつけあい、何と十回も愛し合った。精一は浮気しないようにと美奈子の恥毛を剃ると、フラフラで名古屋に向った。団地の隣の部屋には村木夫婦が住んでいた。その村木夫人、律子が自動車にハネられ死んでしまった。同情した美奈子は村木の身の回りの世話を焼きはじめた。美奈子のエプロン姿に律子の影を見て、村木はボロボロと涙を流す。ある日、ボンヤリとテニスを見ていた美奈子のところへ、ショックから立ち直った村木がニコニコやってきた。二人が散歩していると、夕立に襲われ、雑木林の小屋で雨やどり。美奈子に迫る村木。週に一日では満足できない美奈子も体を開く。そして、美奈子の股間を見て、「子供のようだ」と村木は感激、頬ずりするのだった。それ以来、村木は美奈子に律子の服を着せ体を求めた。美奈子も村木の弁当を作って会社へ送り出す毎日。そして、土曜日、精一が帰ってくると、二人は激しく抱き合い、美奈子の恥毛を刺ると、名古屋へ帰っていく。そして、美奈子は村木との浮気を楽しむのだった。こうして二重生活を楽しむことによって平凡な生活を刺激あるものにしているのだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。