日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

桃尻娘 プロポーズ大作戦
モモジリムスメプロポーズダイサクセン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1980年04月26日 
製作会社
にっかつ 
配給会社
にっかつ 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

シリーズ三作目の今回は一般映画として公開され、お馴染、桃尻娘たちが北海道を舞台に大活躍。橋本治の原作の映画化で、脚本は「白く濡れた夏」の金子成人、監督は「ズームアップ 暴行現場」の小原宏裕、撮影は「修道女 黒衣の中のうずき」の前田米造がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
結城良煕
企画
成田尚哉
原作
橋本治
脚本
金子成人
監督
小原宏裕
撮影
前田米造
音楽
長戸大幸北島健二
美術
渡辺平八郎
録音
橋本文雄
照明
矢部一男
スチール
井本俊康
編集
鍋島惇
助監督
上垣保朗

ストーリー

レナは早大受験に失敗し、クサリ気味で卒業式を迎えた。一方、裕子は、北海道のアングラ劇団のリーダー坂田に魅せられ、彼を追って女優修業に行くという。オカマの源ちゃんは青学に受かり、おホモだちの先輩とアツアツ。仲間の涼子も恋人、山科とベッタリ。ひとり残され、ふてくされ気味のレナは源一を誘って、裕子のいる北海道に行く。車中、二人は北大志望のガリ勉タイプの秀敏と知り合った。何とか坂田の劇団に辿り着いた二人は、そこで、必死に稽古する裕子を見つけた。レナと源一は、劇団員の一人、明子の家に泊ることになったが、そこは、あの秀敏の家でもあった。明子と秀敏は異父姉弟で、母の貞子は、酒場に勤めながら二人を育て、寂しさから客の男と寝ることもあった。翌日、レナと裕子は、義父に犯され、自殺しようとしていたトク子を助け、劇団に連れて帰る。その頃、明子は貞子の愛人、原田に肉体を開いていた。明子は貞子への反抗心と、秀敏の学資稼ぎのために体を張っていたのだ。そして、その事情を知ってふさぎこむ秀敏を、レナは優しくなぐさめる。レナが東京へ去る日、秀敏が追いかけて来た。彼の手を胸に入れ、戻るように説得するレナ。秀敏の暗い表情が喜びに包まれ、次第に明るく輝く。東京では、坂田に結婚を迫まられ、失望した裕子が待っていた。その坂田は、今度はトク子に迫っている。裕子は北海道のことなどケロリと忘れ、デザイン学校で知り合ったボーイフレンドとアツアツ。レナは秀敏に慕われた甘い思い出に酔いしれていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/11/29]

映画情報を54件更新しました。