日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

おさな妻(1980)
オサナヅマ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1980年04月26日 
製作会社
にっかつ 
配給会社
にっかつ 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

苛酷な試練を乗り込えて生きる新妻の姿を描く。脚本は「女高生 危険なめばえ」の鹿水晶子、監督も同作の白鳥伸一、撮影は「淫絶海女 うずく」の山崎敏郎がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
中川好久
企画
山田耕大
脚本
鹿水晶子
監督
白鳥信一
撮影
山崎敏郎
音楽
大野雄二
美術
菊川芳江
録音
福島信雅
照明
小林秀之
スチール
浅石靖
編集
山田真司
助監督
川崎善広

ストーリー

その日は、新婚ホヤホヤの悦子の誕生日だった。料理の仕度を終え、夫、則夫の帰宅を待つ悦子。その頃、則夫はスナックで飲んでいた。興信所に勤める則夫は、浮気調査の客をユスったのがバレて会社をクビになってしまい、そのことを妻に言い出しかねていた。そこへ会社の畑中と江崎がやってきて相手に払った示談金百万円を取りたてた。則夫はメチャクチャに殴られ、なんとかアパートへ帰った。翌日、則夫の会社に電話した悦子は、夫が一カ月前に辞めていることを知らされる。呆然とする悦子を、勤務先の郵便局の事務所長、田村は優しくなぐさめる。そのとき、則夫は悦子の同寮ゆり子と激しく絡み合っていた。その夜、借金の取りたてにやってきた畑中と江崎は払えない悦子を荒々しく犯していった。そして、悦子は借金返済のため、郵便局を辞めキャバレーに働きに出た。数日後、アパートに戻った則夫はそのことを聞いて愕然とし、畑中を見つけてナイフで切りつけた。悦子はその医者代を払うために嫌な客と温泉に向う。帰って来ると則夫は姿を消しており、隣りの人からゆり子の所にいると聞く。ゆり子のアパートで、彼女は則夫の子を宿していることを聞き、思わず逃げだした。しかし悦子はひとり海辺を歩きながら、則夫の帰ってくるのを待とうと決心するのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/11/29]

映画情報を54件更新しました。