日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

背徳夫人の欲情
ハイトクフジンノヨクジョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1980年02月16日 
製作会社
にっかつ 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
68分  

結婚十年目を迎え、倦退期を前にした夫婦の愛を描く。脚本は「高校エロトピア 赤い制服」の鹿水晶子、監督は「ホールインラブ 草むらの欲情」の林功、撮影は「愛欲の標的」の水野尾信正がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
中川好久
企画
奥村幸士
脚本
鹿水晶子
監督
林功
撮影
水野尾信正
音楽
本多信介
美術
菊川芳江
録音
橋本文雄
照明
矢部一男
スチール
目黒祐司
編集
西村豊治
助監督
黒沢直輔

ストーリー

拓郎、好乃の夫婦は結婚十年目を迎え、平凡な生活にマンネリを覚えた好乃はアバンチュールに熱を出している。現在の相手は暴走族の若者、信一だ。拓郎は信一の存在に気づき、何と、三人一緒に住むことにした。信一も屈座る様子で、好乃は驚くばかりだ。いたたまれない好乃は、ホストクラブで大騒ぎ。そんな生活に、信一は拓郎に同情を感じるようになった。朝帰りの好乃を、拓郎と信一は椅子に縛りつけ、責めたてる。しかし、しょせん男、拓郎は好乃を抱く信一の姿に、独占欲がちらつく。やがて、それは怒りとなって爆発、絡み合う二人の前に銃を持ちだした。引き金は引かれ、信一の頭は突っ飛び、さらに銃口は好乃の淫らに開かれた股間に向けられ、拓郎の顔はサディズムにゆがむのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。