日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

濡れた週末
ヌレタシュウマツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1979年09月22日 
製作会社
にっかつ 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
71分  

妻子ある中年男とある女の関係を描く。脚本は「その後の仁義なき戦い」の神波史男、監督は「女生徒」の根岸吉太郎撮影は「十八歳、海へ」の安藤庄平がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
三浦朗
企画
成田尚哉
脚本
神波史男
監督
根岸吉太郎
撮影
安藤庄平
音楽
浅岡弘行
美術
徳田博
録音
福島信雅
照明
新川真
スチール
浅石靖
編集
山田真司
助監督
池田敏春

ストーリー

製靴工場社長の後藤は妻の則子、娘の明美がいながらも事務員の志麻子と不倫の関係を持っていた。二人は則子の目をかすめては、互いに肉体を貧りあっていた。ある日、志麻子は家に忍び込んできた矢野治という若者と関係を結んでしまった。そこへ、後藤が帰ってきて、その現場を目撃すると、矢野を殴り倒し、強引に志麻子にインサートした。数日後、明美をあやしていた志麻子は、二人目の子供が生まれたという則子と後藤の話を立聞きした。嫉妬に燃える志麻子は矢野を捜しだし、同棲生活を始めた。彼女の心を癒してくれるのは矢野の若い肉体だけであった。それから数日後、トコという女の子が割り込んできて、三人の同居生活が始まった。事務所に戻った志麻子は、後藤への憎悪から、明美を矢野のアパートへ連れだした。彼女は矢野とトコに、誘拐して身代金をせしめようとけしかけるのだが、トコの説得で中止した。なんとか娘を取り戻した後藤は、志麻子の部屋に血走った眼つきで入ると、誘拐の主謀者はお前だとなじりながら、サディスティックに責めたてた。後藤の仕打ちに怒った志麻子は、矢野に後藤と明美の目前で、則子を犯させるのであった。数日後、ジリジリ照りつける真夏の陽光の中、白いパラソルをかざした志麻子の歩く姿があった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/03/27]

映画情報を49件更新しました。

[2020/03/26]

映画情報を38件更新しました。

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。