日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

白く濡れた夏
シロクヌレタナツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1979年07月07日 
製作会社
にっかつ 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
97分  

一人の女を中心に、人生の夏を終えようとしている男と、これから夏を謳歌しようとす若者の姿を描く。脚本は「桃尻娘 ラブアタック」の金子成人、監督は「女教師 汚れた噂」の加藤彰、撮影は「桃尻娘 ラブアタック」の安藤庄平がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
海野義幸
企画
進藤貴美男
脚本
金子成人
監督
加藤彰
撮影
安藤庄平
音楽
乾裕樹
美術
渡辺平八郎
録音
橋本文雄
照明
直井勝正
スチール
浅石靖
編集
山田真司
助監督
川崎善広

ストーリー

木口冴子は四年もつき合っているカメラマンの久野という恋人がいた。彼には妻がいるが、ギラギラする生き方に魅かれていた。ある日、二人の乗った車が事故を起こしてしまい、冴子は妻のいる久野を帰し、一人事故現場に残った。事故の件は冴子の父親の力でなんとか示談に持ち込めそうで、彼女は湘南の別荘に引きこもって生活を始める。そこで冴子は毎日オートバイで別荘の前を走る伸次と知り合った。そして、夏に自分達で海の家を経営しようとする伸次を慕う桃子、ロク、リエの若者達とも親しくなる。事故の後も、冴子は久野と会っていたが、かつてのような魅力を感じられない。それは、彼の仕事に、以前のような熱気がなかったからだ。伸次は冴子にオートバイの運転を教え始めてから、彼女に魅かれ、それは桃子を傷つけた。数日後、久野に会った冴子は、彼の仕事にかつての熱気がなくなってしまったことを率直に伝える。この言葉にショックを受けた久野は、土地の若者に冴子と桃子襲わせ、その写真を撮ってしまう。冴子の言った熱気とは激しいものを撮るということではなく、仕事に対する気持の問題であった。久野もそのことは分っていたが、今の彼には、そうすることしかできなかった。そんな久野と冴子に別れが近づいていたのは当然かもしれない。冴子にとって鏡だった久野が曇ってしまった今、冴子の夏は急速に色褪せようとしていた。その頃、桃子たちの海の家は、ようやくオープンをしたところであった。そこには、まぎれもない若者の夏の光がギラギラと輝きはじめていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。