日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

おんなの寝室 好きくらべ
オンナノシンシツスキクラベ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1978年12月23日 
製作会社
にっかつ 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
68分  

成熟した二人の女と、女子大生の三人が、一人の男をめぐって競いあう姿を描く。脚本は「皮ジャン反抗族」の佐治乾、監督は「女教師 秘密」の白鳥信一、撮影は「エロチックな関係」の安藤庄平がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
三浦朗
企画
山田耕大
脚本
佐治乾
監督
白鳥信一
撮影
安藤庄平
音楽
本間良博
美術
徳田博
録音
福島信雅
照明
田島武志
スチール
井本俊康
編集
山田真司
助監督
山口友三
制作補
田中雅夫

ストーリー

浅井貞子は愛人の社長植木の会社が倒産してしまい、手切金として貰った三百万円を元手にスナックを開店した。商売に不慣れな貞子であったが、偶然雇った女子大生の圭子の上手な客あしらいで、店は順調にスタートした。やがて貞子は、近所で喫茶店を経営する池上のり子と知り合った。のり子は大地王の娘で結婚もしていたが、もてあます暇を店の経営で紛らわせているのだった。ある日、酒屋の支払いに頭を悩ましていた貞子は、店の客で医師の柿村に助けてもらい、温泉への一泊マージャン旅行に圭子と共に誘われた。愛人と別れて以来、女一人の生活をしていた貞子に、柿村は好ましい男だった。旅行に行く当日、貞子は、予定の集合時間より早く柿村の家に出かけると、独身の彼のために、朝食を用意するのだった。食事が終ると柿村は、不意に貞子を抱きすくめ、指で刺激をくわえ、彼女は何か月ぶりに、体の痺れを感じてしまう。そこへ、のり子が訪ねてきた。彼女も旅行に招待されていたのである。しかも、のり子は彼のための朝食を持っての来訪であり、貞子と彼女の間に火花が散り始めた。険悪な雰囲気の漂うところに圭子もやってきて、四人は出発した。宿に着いた四人は、早速、炬燵を囲んでマージャンを始めるが、突然、圭子が腹痛を訴えた。柿村は治療のため、圭子を別室に連れていき、鎮痛剤を注射すると、彼女の局部を弄び始めた。最初は拒んでいた圭子も、徐々に体を開き、その部屋から漏れる圭子の鳴咽を聞いた貞子とのり子は、柿村の狙いが圭子にあったことをさとり、お互いに溜息をついてしまう。そして、そんなことから二人の間に、奇妙な親近感がわき始める。貞子とのり子は、柿村と圭子を温泉に残し帰途につくが、東京に戻ると二人は、なんとなく身の上話を始め、なぐさめあうのであった。ところが、別れぎわに、のり子は貞子に、いきなり、夫と離婚すると言って立ち去っていく。話相手さえいなくなった貞子は、アパートに戻り、寝苦しい一夜を過ごすのであった。翌朝、貞子のアパートに前触れもなく植木が訪れる。植木は東京への出張の合間に、貞子の様子を見にきたのであった。しかし、貞子はそれまで、じっと耐えていた思いが爆発したかのように植木に挑んでいく……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。