日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

青い獣 ひそかな愉しみ
アオイケモノヒソカナタノシミ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1978年09月09日 
製作会社
日活 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
75分  

受験生を抱える家庭で近年とみに増え続ける家庭内暴力とか細い少年期の心理を通して、抑圧された性を描く。脚本は「肉体の門(1977)」の田中陽造、監督は「順子わななく」の武田一成、撮影は「教師女鹿」の水野尾信正がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
結城良煕
脚本
田中陽造
監督
武田一成
撮影
水野尾信正
音楽
淡海悟郎
美術
菊川芳江
録音
橋本文男
照明
矢部一男
スチール
井本俊康
編集
山田真司
助監督
岡本孝二
制作補
沖野晴久

ストーリー

羽島秀一は受験を控えてすっかりノイローゼだった。秀一の父、安春は肉屋を経営しており、母の里子は店の従業員と関係を持っていた。ある夜、秀一は父母の営みを見てしまった。自分がこれほど苦しんでいる時に、親達は快楽をむさぼり合っている--秀一に罵しられた二人は平謝りするだけだった。秀一は中学時代の級友、ミヤコと再会した。彼女は秀一をラブホテルに誘うが、彼は高校生売春だと言って彼女を傷つけてしまう。ある日、秀一は一羽のインコを拾って来た。それは店の客、理恵が動物園に捨てた鳥だった。それから秀一は理恵のマンションに肉を届けた。二人で食事をしていると、彼はその肉が貯蔵室でオナニーに使っていたものと気付く。ベッドでそれを聞かされた理恵は吐いてしまった。一方、里子や秀一に裏切られた安春は酒に酔って二人にあたりちらした。逆上した秀一は、安春を滅多打ちにしてしまい、里子は恐怖に顔をひきつらせ、呆然とするばかりだった。しかし冷静になると恐怖が秀一の身体全体を襲うのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。