日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

往生安楽国
オウジョウアンラクコク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1978年05月06日 
製作会社
たかばやしよういちプロダクション 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92  

夜も昼もひたすらセックスに没頭し、地獄の浮世の風の中を、極楽を求めて木の葉のようにさすらう男と女を描く。脚本、監督、撮影を「西陣心中」の高林陽一が担当している。

スタッフ

製作
中村公俊
企画
葛井欣士郎
脚本
高林陽一
撮影
高林陽一
監督
高林陽一
音楽
ブラッディ・マリー
照明
山下礼二郎
音響効果
倉嶋暢
美粧
寺島和子

ストーリー

春たけなわ。レンゲ畑で若い男と女が睦み合っている。全裸の大らかなセックス。山を越え、峠を越えた山間の小さな村、赤い太陽、咲き匂う花、別れ道、山寺、暮れなづむ山の稜線、まるで童画のように静かで美しい村。人生に疲れ、傷つき果てた人々が、極楽を求めて、この村にやって来る。然し、其処は地獄、きびしい浮世の風が吹いていた。老いて苦しむ夫を、しめ殺した老婆が廃屋にいた。そこへ生み落した赤児を駅のコインロッカーに捨てた、都会の若い女が逃げこんで来る。二人の殺人者の異様な共同生活。故郷を出て旅から旅へ三味線をひいてさすらう女。母を求めてこの村に来た中年男。楽な日なんて一日もなかった、死んだふりして生きて来ましたとつぶやく五十女。そんな人々が各々の想いを抱いてこの村にたどりつく。極楽を求めて人はさすらい、いつも同じところを堂々めぐりしているだけである。安楽の国は果して何処にあるのだろうか、今日も又、若い男と女が睦みあっている。いいか?いい……いい。ああ極楽……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。