日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

淫絶海女 うずく
インゼツアマウズク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1978年07月22日 
製作会社
日活 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
69分  

漁師町を背景に網本の息子と海女の関係を描く。脚本は「20歳の性白書 のけぞる」の池田正一、監督は「若妻日記 悶える」の林功、撮影は「ザ・コールガール 情痴の檻」の山崎敏郎がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
八巻晶彦
企画
奥村幸士
脚本
池田正一
監督
林功
撮影
山崎敏郎
照明
新川真
録音
秋野能伸
美術
佐藤徹
編集
鍋島惇
音楽
石川鷹彦
助監督
村井良雄
制作補
岩見良二
スチール
井本俊康

ストーリー

磯村美代は海女になって三年、一人前の海の女でもあり、佐藤清という恋人もいる。ある日、家出していた網本の息子、竜一が帰って来た。身体は清のものになっているものの、竜一への思いも残っている美代の心は揺れ動いた。竜一が戻って来たのは、海老の養殖をやる夢を実現させることと、美代のためである。歓迎会の席上、竜一が父に話を打ち明けると、清も同様の考えで着々と準備を進め、県からも助成金を受る段取りまでとっていた。しかし、かつて詐欺師だった清は、昔の仲間の川崎に見つかると、助成金二千万円を横領し、美代を連れて、逃げようとした。町を出ようとしている二人に不信を抱いた竜一は、銀行から出て逃げようとする清を捕まえる。清の正体を知って愕然とする美代は、竜一の求愛に一旦は拒絶したものの、強引な愛撫に身も心も開くのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました