日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

人妻集団暴行致死事件
ヒトヅマシュウダンボウコウチシジケン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1978年07月08日 
製作会社
日活 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
96分  

どんな世界にも落ち着けず、転職を重ねるハミダシ者達の無軌道な青春を描く。脚本は「夜這い海女」の佐治乾、監督は「女教師」の田中登、撮影は「さすらいの恋人 眩暈(めまい)」の森勝がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
三浦朗
企画
佐々木志郎
原案
長部日出雄
脚本
佐治乾
監督
田中登
撮影
森勝
照明
直井勝正
録音
木村瑛二
美術
柳生一夫
編集
鈴木晄
音楽
石間秀機篠原信彦
助監督
中川好久
制作補
服部紹男
スチール
目黒祐司

ストーリー

有田善作・二十歳・池本礼次・十八歳、歌川昭三・二十歳・の三人は一つの職場に落ち着けず転職を重ねるハミダシ者であった。青春のハケ口を見つけられない彼ら三人の関心は女の肉体とセックスでしかなかった。久し振りに再会した三人は泥酔するほど飲み、金がなくなると、卵を盗んでスーパーに売り払おうとした。翌朝、三人は逮捕されるが、親達が卵の持ち主、江口泰造に賠償金を払い、彼らを釈放させる。昔、テキ屋をしていた泰造は三人の無軌道ぶりに昔の自分を思い浮かべる。やがて、泰造と三人は年の差を越えた仲間意識で結ばれ毎晩のように飲み歩くようになった。泰造の家で酒盛をしているとき、三人は技美子に会った。技美子は後妻で、いかがわしい料理屋の女中をしていたとき泰造に見染められたのだった。技美子は知的障害気味だが、地獄の底から引抜いてくれた泰造に献身的に尽くす。心臓の弱い技美子に夜の営みはきつい、だが、苦痛にゆがむその顔を泰造は歓びの表情と思っていた。泰造と若者が飲み歩いたある晩泰造を家まで送った三人は満たされぬ欲情で苛立った。泰造が寝込むのを確めた三人は、技美子に襲いかかる。泣きながら泰造に助けを求める技美子を三人は何度も犯す。と、そのとき、全身を痙攣させて、絶叫とともに技美子の心臓は止まった。三人は逮捕されたが執行猶予の判決が下る。泰造は技美子の死因が心臓麻痺と知り愕然となった。半年後、泰造は技美子の写真を手に、変り果てた姿で死んでいた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。