日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

お嫁にゆきます
オヨメニユキマス

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1978年07月22日 
製作会社
ホリ企画制作 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
89分  

森昌子のデビュー七周年記念作品。水上バスの係員ををしている村の人気者なつ子の愛と結婚を描く青春映画。脚本は「青い山脈(1975)」の井手俊郎、監督は「霧の旗(1965)」の西河克己、撮影は「20歳の性白書 のけぞる」の高村倉太郎がそれぞれ担当

スタッフ

製作
堀威夫笹井英男
脚本
井手俊郎
監督
西河克己
製作補
斎藤正勝
撮影
高村倉太郎
美術
坂口武玄
録音
福島信雅
照明
松下文雄
音楽
高田弘
編集
鈴木晄
スチル
吉崎松雄
助監督
山口友三
製作担当
小沢考

ストーリー

森川なつ子は水上バスの発着所の係員をしている明るく朗らかな娘。小学生の頃、母を亡くし、父と弟達の面倒を見ている。はる子という姉がいるが、三年前、隣村の男と家出をして、その後、音沙汰がない。なつ子の幼友達の浜田浩平は東京の会社が倒産して帰郷していた。二人は憎まれ口をききつつも、気の合う友達だった。村のみさき旅館の長男、健太郎もなつ子の友達である。一方、医院を経営する田代圭介は二年前に妻をなくし、一人娘の真弓と暮らしていたが、真弓を可愛がるなつ子と、そのなつ子を母親のように慕う真弓を見て、ひそかになつ子との再婚を考えていた。盆踊りがやってきた。やぐらの上で歌うなつ子。その夜、なつ子は松林の中で見慣れない女といる浩平を見た。女はさっと逃げ去った。なつ子は浩平に詰め寄るが自分の気持がわからなかった。姉のはる子が帰ってきた。浩平と一緒にいたのは、はる子だった。彼女は生まれ変わったつもりで帰ってきたという。やがて、なつ子は健太郎と田代圭介の二人から同時に求婚される。なつ子は二人とも自分にはもったいないと思い、どちらと結婚してもいいと思う。しかし、なつ子の本当に好きな人は……。村のマラソン大会があった。なつ子も参加している。スタート直前、浩平がもう一度東京でやり直す決心して港に向かったことを聞いてなつ子の心は揺れた。本当に好きな人は……。なつ子は向きを変え、港へと走りだした……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました