日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

課外授業 熟れはじめ
カガイジュギョウウレハジメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1978年06月24日 
製作会社
日活 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
70分  

思春期に揺れ動く女子高生の女心と、性の体験を描く。脚本は「本番 ほんばん」の熊谷禄朗、監督は「私は犯されたい」の白鳥信一、撮影も同作の畠中照夫がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
海野義幸
企画
進藤貴美男
脚本
熊谷禄朗
監督
白鳥信一
撮影
畠中照夫
音楽
坂田晃一
美術
柳生一夫
録音
福島信雅
照明
土田守保
スチール
浅石靖
編集
井上治
助監督
斉藤信幸
制作補
沖野晴久

ストーリー

聖心学園高校のテニス部員、みゆきは、両親が仕事の都合でフランスに行っているため、叔父の家に預けられていた。ある日、みゆきら三人は憧れの石川先生の部屋を訪ねるが、そこで、彼と妙子との情事を目撃してしまう。みゆきを恋する山上は、慎二に代筆させたラブレターを彼女に渡すが、夢破れたみゆきは受取る気にもなれず、山上に突き返した。それを聞いて逆上した慎二が、みゆきを殴ったことがきっかけとなり、二人は交際を始める。交際を続けるうちに、彼女は慎二に心を打ち明けることを決意するのだった。しかし、待ち合わせの場所に慎二が現われなかったため、みゆきは失望し、両親のいるフランスに行くことを決めてしまう。そのうえ、みゆきは家庭教師に抱かれるが、慎二をあきらめきれず、祈るような気持ちで彼を寝室に呼ぶのであった。みゆきを愛していた慎二は、その気持ちを爆発させるように彼女と激しく燃える。翌日、恋人同士で通学する同級生を恨めしそうに見つめる慎二の前に、フランスへ旅立ったはずのみゆきが突然現れた。二人は黙って手を握り、微笑みを浮かべ学校へ向かうのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。