日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

オリオンの殺意より 情事の方程式
オリオンノサツイヨリジョウジノホウテイシキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1978年06月03日 
製作会社
日活 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
73分  

財力で人を抑えこもうとする保守的なエゴイストの父を殺そうとする若者の姿を描く、勝目梓原作小説の映画化。脚本は「順子わななく」のいどあきお、監督はこの作品でデビューした根岸吉太郎、撮影は「さすらいの恋人 眩暈(めまい)」の森勝がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
岡田裕
企画
成田尚哉
原作
勝目梓
脚本
いどあきお
監督
根岸吉太郎
撮影
森勝
音楽
浅岡典史
美術
菊川芳江
録音
橋本文雄
照明
田島武志
スチール
目黒祐司
編集
鈴木晄
助監督
上垣保朗
制作補
山本勉

ストーリー

敏彦の父・浩三は、宝石商を営み、財力で人を抑えこもうとする保守的なエゴイストであった。それゆえに敏彦の母・燎子も、浩三の横暴さに耐えられず離婚する。それ以来敏彦は浩三に反感をもった。やがて浩三は、若く美しい麻子を後妻に迎える。敏彦は麻子へ思慕の情を抱きながら、浩三ヘの復讐の機会をうかがう。敏彦は麻子が時々、黙って外出する事に不信を抱き、彼女を尾行した。そして、麻子が昔の恋人の北畠とモーテルで密会していることを突きとめる。数日後、麻子が日記を盗み読んでいることを知った敏彦は、日記を利用して彼女を操り、浩三を殺させようとするのだった。敏彦が浩三を殺すと綴られた日記を読んだ麻子は、北畠を呼びだし、浩三を殺すように頼む。翌朝、浩三の死体が発見され、北見と麻子は逮補された。そんな二人を見つめながら、敏彦は復讐を遂げた喜びをかみしめるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。