日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

黒薔薇夫人
クロバラフジン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1978年04月01日 
製作会社
日活 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
72分  

夫に激しい性行為を強いられた妻が、次第に快感を抱いていく姿を描く、団鬼六原作の同題名小説の映画化。脚本は「教師女鹿」の桂千穂、監督は「肉体の門(1977)」の西村昭五郎、撮影は「女教師」の前田米造がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
結城良煕
企画
奥村幸士
原作
団鬼六
脚本
桂千穂
監督
西村昭五郎
撮影
前田米造
美術
渡辺平八郎
録音
木村瑛二
照明
野口素胖
スチール
井本俊康
編集
西村豊治
助監督
伊藤秀裕
制作補
田中雅夫

ストーリー

ブルターニュから帰国し、羽田空港で夫・耕作とその秘書・津村に迎えられた南原沙織は、翌朝、高層マンションの一室で目をさました。その部屋には、津村のほかに新聞記者の田山という男もいた。田山は沙織を緊縛し、愛撫を続ける。数日後、南原邸に鉄製の檻が運びこまれた。耕作は田山と沙織の痴態の写真を彼女につきつけると、田山や津村らを呼び出し、彼女を裸にした。檻にいれられた沙織は、耕作らに激しく責められる。緊縛された沙織も、いつしか性の虜と化し、果てしない快感にひたるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました