日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年7月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

おやゆび姫
オヤユビヒメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1978年03月18日 
製作会社
東映動画 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Thumbelina  
上映時間
64分  

H・C・アンデルセンの同題名の童話をもとに、手塚治虫がキャラクターデザインしたこの作品は、チューリップ国の王子のもとに向って、困難を乗り越えていくおやゆび姫の姿を描く。脚本は大藪郁子。

スタッフ

製作
今田智憲
企画
有賀健高見義雄
原作
H・C・アンデルセン
脚本
大藪郁子
演出
芹川有吾
キャラクター・デザイン
手塚治虫
音楽
菊池俊輔
美術
福本智雄
作画監督
木野達児
画面構成
角田紘一
製作担当
横井三郎

ストーリー

あるところに、子供が欲しいと願う心優しいおばさんが住んでいた。ある夜、女神が現われ、一粒の種をおばさんに渡す。やがて、チューリップの花が咲き、そこからおやゆびほどの女の子が生まれた。その子はおやゆび姫と呼ばれるようになる。おやゆび姫は黄金虫のブンブーの背中に乗ってチューリップの花園に出かけ、そこで妖精の王子と出会う。その夜、蛙が現われ、息子のゲイコの嫁にしようと、おやゆび姫を運んでいく。しかし、妖精の王子を愛する彼女の気持ちを知ったゲイコは、姫を逃がしてやる。旅で出会ったツバメに乗っておやゆび姫は無事に王子のもとへ着き、盛大な結婚式をあげる。どんなに辛いときにも人を愛し、友情に生きることを忘れなかったおやゆび姫は、今、みんなの祝福の中に大きな幸せをつかんだのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。