日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

20歳の性白書 のけぞる
ハタチノセイハクショノケゾル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1978年02月18日 
製作会社
日活 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
72分  

雑誌のペンパル・コーナーを利用して女性を強姦し、遂には殺人事件にまで発展した実話をもとに、現代を翻弄する性の実態を描く。脚本は「夜這い海女」の池田正一、監督は「エロス学園 感度ばつぐん」の蔵原惟二、撮影は「団地妻 犯された肌」の高村倉太郎がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
八巻晶彦
企画
奥村幸士
脚本
池田正一
監督
蔵原惟二
撮影
高村倉太郎
音楽
月見里太一
美術
菊川芳江
録音
古山恒夫
照明
新川真
スチール
井本俊康
編集
西村豊治
助監督
菅野隆
制作補
田中雅夫

ストーリー

東洋自動車工場で修理工として働く英司は、工事の先輩である田代にいいように利用されていた。英司は自分をからかい半分に挑発する田代の恋人・玲子に憧れを抱き、田代の策略とは知らずに玲子の下着を盗んでしまう。そのため英司には、田代が自動車部品を横流しするのを黙認しなければならないという事情があった。そんなある日、雑誌のペンパル・コーナーにふと目を止めた英司は、ボーイ・フレンド募集の記事を読み、期待しながら次々と返事を書くのだった。英司は手紙をくれた女性とデートを重ねるうちに、欲情が高まっていった。そして、英司はペンパルの女性たちと関係を重ねていく。その中の一人の美雪が英司の部屋を訪ねて来た。美雪が所持する大金に目のくらんだ英司は、彼女を抱き、金をせしめるのだった。数日後、会社の金を横領し、派手に遊んでいた美雪を追って、英司のアパートを刑事が訪ねて来る。何も信じる事ができなくたった英司は、その不安から、田代の妻となり幸福に暮らす玲子を強姦するのだった。東京駅南口。巧みなことばに心を酔わせ、今日も英司と共に夕闇の中に消えて行く一人の女性がいた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。