日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

襲う!!
オソウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1978年02月04日 
製作会社
日活 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
72分  

パトロール中に婦人警官が強姦される。必死に捜査しながらも、憎しみの裏側にいつしか彼女の肉体は男を求めるようになり、二度三度と体を許していく。脚本は「惑星大戦争 THE WAR IN SPACE」の永原秀一、監督は「(秘)ハネムーン 暴行列車」の長谷部安春、撮影は「幻想夫人絵図」の安藤庄平がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
栗林茂
脚本
永原秀一
監督
長谷部安春
撮影
安藤庄平
美術
林隆
録音
古山恒夫
照明
高島利隆
スチール
井本俊康
編集
井上治
助監督
上垣保朗
制作補
栗原啓祐

ストーリー

婦人警官・久美子が一人でパトロール中、大型トラックがミニパトカーに迫ってきた。危険を感じた久美子は廃車置場に逃げこむが、トラックはパトカーに衝突し、そのショックで久美子は失神する。トラックを運転していた男は久美子から奪った手錠を彼女にかけ、強姦するのだった。放心したまま女子寮に戻った久美子は、婚約者の田村が訪れてきても、部屋に入れようとしなかった。翌日から、久美子自らの捜査が始まり、違反者のリストから二人の男が容疑者として浮かぶ。一人は暴走族で、久美子に捕まったため大学を退学処分にされた金井であり、もう一人は違反で捕まったため免許を取り上げられ、職を失なった安木という男であった。ある日、署内のトイレで久美子は、またあの男に襲われる。彼女は犯人に対する憎しみの裏側に、肉体的な欲望に目覚めていく自分を感じていた。そして、またしてもあの男に襲われた時、もはや久美子は抵抗せず、男のなすがままにされる。日に日に久美子は変貌していった。婚約者の田村もいつしか久美子から離れ、同僚の映子と親しくなっていく。ある夜、あの男が久美子の部屋に忍び入ってきた。彼女は待っていたかのように、手錠を自らかけ、男を迎え入れる。久美子は顔さえしらない男に強姦されるうちに女の歓びを知り、大人の女へと目覚めていくのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。