日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

私は犯されたい
ワタシハオカサレタイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1978年01月21日 
製作会社
日活 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
69分  

性に目覚める十七歳の少女が、野獣と化した男たちに襲われる。脚本は「中山あい子未亡人学校より 濡れて泣く」の鹿水晶子、監督は「昼下りの情事 すすり泣き」の白鳥信一、撮影も同作の畠中照夫がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
栗林茂
企画
成田尚哉
脚本
鹿水晶子
監督
白鳥信一
撮影
畠中照夫
音楽
高田信
美術
渡辺平八郎
録音
福島信雅
照明
土田守保
スチール
浅石靖
編集
鍋島惇
助監督
村井良雄
制作補
山本勉

ストーリー

入江医院のうす暗い蔵の二階で、院長・入江隆三と聖野ユカリの姉・鏡子は愛し合っていた。ユカリはそんな二人の姿を覗いていた。ある日、ユカリは同級生の守をみかん畑に誘い込む。彼女の性への好奇心は、歪んだ考えの中で激しく揺れ動いていく。ユカリの叔母にあたる隆三の妻・信子に叱責されたユカリは、平気で鏡子と隆三の情事を口にし、過去にあった母と信子と隆三の三角関係をあざ笑う少女になっていた。ある日、国道を歩いていたユカリは大型トラックを運転する川田に誘われ、車に乗り込む。男らしい川田にリードされながらユカリは彼と愛し合った。川田とユカリは彼の愛人・由紀の所へ行く。川田と由紀の情事をユカリは平然と見つめていた。川田の前からユカリは姿を消す。放浪を続けるユカリは、バス停留所で一緒になったコートの男が刑事とは知らずにいい寄り、売春容疑の現行犯として逮捕される。身柄を引取りに来た隆三と鏡子の前でふてくされるユカリは、二人の息苦しい雰囲気に耐えきれず、再び逃げだしてしまった。夜明けの砂浜で疲れ切ったように眠るユカリを数人の男が取囲んだ。必死に抵抗し、逃げまわるユカリに野獣と化した男たちが襲いかかる。静かに波がうちよせる砂浜にねじふせられたユカリの透徹るように白い膚が、朝日の下で痛々しくも輝いているのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。