日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ザ・コールガール 情痴の檻
ザコールガールジョウチノオリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1978年02月18日 
製作会社
日活 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
68分  

不具の夫を持つ元コールガールが、昔の恋人と再会すると共に破局への道を歩み始める。脚本は「修道女ルシア 辱す(けがす)」の桂千穂、監督は「宇能鴻一郎のあげちゃいたいの」の林功、撮影は同作の山崎敏郎がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
伊藤亮爾
企画
奥村幸士
脚本
桂千穂
監督
林功
撮影
山崎敏郎
音楽
伊藤晴康
美術
川船夏夫
録音
橋本文雄
照明
高島利隆
スチール
井本俊康
編集
鍋島惇
助監督
山口友三
制作補
栗原啓祐

ストーリー

理髪店を営む昭吉にはぜん息の持病があり、すべて妻の幸子に頼っていた。ある日、昔コールガールをしていた幸子の馴染みの客であった向後俊也が理髪店を訪れる。数日後、桟橋のフェリーボート乗り場で俊也と再会した幸子は、口では俊也の誘いをかたくなに断りながら、熱く燃える自分の体をどうすることもできなかった。幸子は、昭吉が不具の身であることもてつだって、俊也との情事から抜け出せずにいたが、そんな自分に腹立たしさも感じていた。昭吉は日増しにはでになっていく幸子を不審に思い始める。昭吉はとうとうフェリーボートにたたずむ幸子と俊也を見つけ、激しく問いつめた。興奮した昭吉と俊也は激しく殴り合う。そして遂に、俊也は昭吉を殺してしまう。幸子は自首しようとする俊也を救おうと、昭吉が家の階段から落ちて死んだように偽装するのだった。昭吉の葬式が終わった日、「殺人の現場を目撃した、三百万円よこせ」という脅迫状が幸子に届く。差出し人が明美という不良少女であると知った俊也は、彼女を殺そうと決心する。しかし、売春容疑で明美は逮捕され、刑事の取調べが進むうちに、俊也が昭吉を殺した事実がしだいに明るみになっていくのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。