日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

タナカヒロシのすべて
タナカヒロシノスベテ

作品名でWeb検索する

平凡な人生を送ることが唯一の望みだった主人公が、ある日を境に次々と不運に見舞われ、事態を好転させるべく初めて主体的に行動する姿をユーモラスに綴るシニカル・コメディ。異様な風貌、過激な芸風で世の中を挑発し続ける異色芸人・鳥肌実が初主演。監督・脚本は、本作でデビューを飾る田中誠。

スタッフ

製作総指揮
熊澤芳紀林瑞峰重松修松田誠安井ひろみ
タナカヒロシのすべて製作委員会
辻畑秀生山口敏巧臼井一郎近貞博上羅尚治大木悠次松浦強
撮影
松本ヨシユキ
照明
矢部一男
録音
石川日出雄
HD技術監督
大橋豊
HD技術
さとうまなぶ
美術
安宅紀史
衣装デザイン
宮本まさ江
ヘアメイク
徳田芳昌
編集
伊藤伸行
キャスティング
おおずさわこ
助監督
末永賢
制作担当
安斎みき子関友彦
スチール
佐藤芳夫
音楽
白井良明
音楽プロデューサー
穂山賢一北原京子
アソシエイトプロデューサー
神田裕司
ラインプロデューサー
井上潔
プロデューサー
小椋悟小澤俊晴
監督
田中誠
脚本
田中誠

ストーリー

田中宏(鳥肌実)は32歳。かつら工場に勤めるサラリーマン。会社では同僚や上司(高橋克実)との付き合いもすこぶる悪く、趣味もなく、恋人もいない。いつもお昼を買っているお弁当売りの娘(ユンソナ)に笑顔で話しかけられても、無反応。家に帰っても、両親から結婚をしろと言われたり、愚痴を聞かされてばかりで、血尿まで出る始末。平々凡々な生活ながら、宏はそんなことを気にするでもなく暮らしている。そんなある日、病気がちだった父親(上田耕一)が、急死。この日から宏の人生は急転直下する。葬式に来た父親の会社の人事担当からは、父の退職金はすでに前払いで、全額支払済みだと言われる。ローンの残る家を売り払い、新しい家を買った。引越し先で近所を散策していた宏は、道端で怪しい男(伊武雅刀)と出会う。そして、男の主宰する“テルミンと俳句の会”という怪しいサークルに参加するようになる。そこで宏は、サークルに参加している飯島(市川実和子)という女性と仲良くなる。それを機に、それまで無趣味だった宏は、俳句に興味を持ち始める。そんな中、母親(加賀まりこ)が癌であることが発覚する。医者からは、全身に転移しているため治療は不可能と告げられ、やがて母親も亡くなる。ひとりぼっちになってしまった宏。その上、飯島といい感じになったのもつかの間、彼女がレズビアンであることが発覚。また、付け焼刃の俳句の知識も災いして、宏は振られてしまった。そこに追い討ちをかけるように、屋根修理やシロアリ駆除の詐欺にカモにされてしまい、財政難に見舞われる。会社の経理に相談すると、このままで行けば家計は3年で破綻すると宣告される。仕方がないので父が遺してくれた唯一の財産である家を売り、賃貸のアパートに引っ越すことに。心機一転、飼い猫のミヤコと暮らしていこうとした矢先、今度はミヤコが病気になってしまう。おまけに会社が倒産してしまい、途方に暮れる宏。そんなとき、いつも通っていた弁当売りの娘とばったり出会う。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: DTS/ドルビーデジタル(ドルビーSRD)/ドルビーSR

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。