日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

(秘)ハネムーン 暴行列車
マルヒハネムーンボウコウレッシャ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1977年10月15日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
72分  

現金強奪に失敗した若者二人が、式を挙げたばかりの花嫁をおとりに必死の逃亡を試みる。脚本は「HOUSE ハウス」の桂千穂と「レイプ25時 暴姦」の長谷部安春、監督も同作の長谷部安春、撮影は「団地妻 雨やどりの情事」の森勝がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
栗林茂
脚本
桂千穂長谷部安春
監督
長谷部安春
撮影
森勝
音楽
坂田晃一
美術
菊川芳江
録音
古山恒夫
照明
直井勝正
スチール
井本俊康
編集
井上治
助監督
川崎善広
制作補
山本勉

ストーリー

披露宴の控室で、式を挙げたばかりの妻秋子を乱暴に求める花婿。涙をふきながら身仕度を整えている秋子の前に、突然二人の男が乱入し、銃を突付けると、逃亡するための車を運転しろという。二人は冬彦と春夫という名前で、賭博場を襲い、現金強奪に失敗し、逃げる際、春夫は膝を射抜かれていた。秋子の運転する車は恐怖のあまり、道をはずれて川へ転落してしまうが、二人は秋子を責めようとはしなかった。駅の操車場に侵入した三人は、突然動き出した貨物列車に乗り逃亡を続ける。少しずつ秋子は二人に溶け込んでいった。ある日、秋子は列車を抜け出すと、パン屋の主人を体でそそのかし、食物を仕入れてくる。その夜、秋子は冬彦に優しく抱かれた。再び食料を物色しようとスーパーマーケットに潜入した秋子は、ガードマンに連行されるところを冬彦に救われる。戻って来た二人の前に、春夫を乗せた貨車はなかった。急いで急行列車に乗り、追いかける秋子と冬彦。ある地方の駅で三人は再会する。やがて、秋子は冬彦と春夫の共有物になっていった。ある日秋子は不良グループに輪姦されてしまう。自分たちと一緒では秋子が危険であることを悟った冬彦と春夫は、別れを惜しむ彼女から離れていった。警察は冬彦と春夫を追い詰め、激しい銃撃戦となった。再び静寂が戻ったとき、冷たく哀れな姿になった冬彦と瀕死の春夫が、いたわり合うように横たわっていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。