日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

肉体の悪魔(1977)
ニクタイノアクマ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1977年10月29日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
88分  

受験地獄の中で年上の女性と出会い、彼女を追い求める青年の姿をレイモン・ラディゲの同名小説をもとに描く。脚本は「赤い花弁が濡れる」の白坂依志夫、監督は「団地妻 雨やどりの情事」の西村昭五郎、撮影は「女子大生 ひと夏の体験」の山崎善弘がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
伊藤亮爾
企画
奥村幸士
原作
レイモン・ラディゲ
脚本
白坂依志夫
監督
西村昭五郎
撮影
山崎善弘
音楽
高田信
美術
渡辺平八郎
録音
福島信雅
照明
高島正博
スチール
浅石靖
編集
西村豊治
助監督
浅田真男
制作補
天野勝正

ストーリー

祖父の三周忌の日、列席者の中の一人の女に純の目がとまった。若く美しい水木直子の出現は、大学受験をひかえた高校生の純の心をときめかせた。数日後、純は友人の恵美と一緒の直子をつけ、古本屋で何げなく話しかけて、直子の家へ行くきっかけをつくりあげる。心はずませ直子の家に来た純を待っていたのは、直子の婚約の事実だった。純は直子を忘れようと、友人に年上の女性を紹介してもらうが、何もできずに逃げだしてしまう。ある日、新婚早々の直子が純の家に来た。純は思いきって、直子のマンションまでついていく。純はウイスキーをあおると、突然、直子に襲いかかり、激しく抵抗する直子を犯した。夫・石森がシンガポール支店転勤で、昇進のチャンスをつかんで帰ったその夜、久しぶりに夫と激しく燃えた直子は、今までの幼なさの残った体が、女として開花していくのがわかるほど、官能の歓びに浸った。一方純は、直子を犯して以来、苦しみの毎日をおくっていたが、直子のシンガポール行きを知らされると、彼女への愛しさから、マンションへかけつけた。だが、そこにいたのは直子ではなく恵美であった。純は直子への思いをぶつけるように、彼女を犯し、荒々しく責めるのだった。ある日、学校から帰る途中の純の前に直子が現われ、恵美との一件を追求した。そして純の部屋で激しく口論するうちに、純は母親が家にいるのもかまわず、直子にせまっていく。女として開花した直子は抵抗もせず、純をむかえいれた。純は直子に一緒に暮らすよう懇願するが、直子は数日後、シンガポールへ出発していった。十ヵ月後、純は大学受験に失敗し、予備校へ通っていた。そんなある日、偶然直子と再会する。だが目の前の直子に以前の面影はなかった。直子に夢中だった頃を思い出しながら、純はあらためて過ぎし時間の重味を感じた。直子が変ったように石森も仕事が順調でなく、ひどいノイローゼに陥っていた。直子を抱いた後、異様な微笑を浮かべ、直子とビールを飲み交わした。何とその中には石森が砒素を盛りこんでいた。若者を肉欲の虜とした肉体の悪魔は、一人の女を死へ導いていくのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。