日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

エロス学園 感度ばつぐん
エロスガクエンカンドバツグン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1977年10月01日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
67分  

学校のホープとして人気を集める女子高校生が少年院から出たばかりの男の出現で変貌していく姿を描く。脚本は「女秘書の告白 果肉のしたたり」の桃井章、監督は「ホテル強制わいせつ事件 犯して!」の蔵原惟二、撮影は「東京チャタレー夫人」の萩原憲治がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
八巻晶彦
企画
成田尚哉
脚本
桃井章
監督
蔵原惟二
撮影
萩原憲治
音楽
奥沢散策
美術
川船夏夫
録音
古山夏夫
照明
高島利隆
スチール
井本俊康
編集
鈴木晄
助監督
村井良雄
制作補
天野勝正

ストーリー

城南高校は女生徒優勢であり、日向みさは、ミス城南、クラス委員、そして陸上部のホープとして皆の人気者だった。みさは柔道部の明美、新聞部の佳江と特に仲が良かった。下校の途中、みさ、明美、佳江を城北高校のスケ番たちがとりかこんだ。リーダーの富子の合図で乱闘となり、みさが危うくなった、その時、薄汚れた学生服を着た男が飛びこんでくる。「俺の名は桂木竜、得技は強姦」と言うやいなや富子を押し倒した。翌日、みさのクラスに竜が転校してくる。竜は各地の高校を転々とし、少年院から出たばかりだった。竜は同級生を強姦しようと、狙いはじめる。最初に犠牲になったのは佳江であった。そして竜は大胆にも、学校新聞に、みさへの強姦宣言を載せた。佳江と明美は、ミサを守ろうと新聞部員のダメ男コンビ・良と忠男をけしかける。みさを好きだった忠男は竜に殴りかかるが、逆に打ちのめされる。みさは、城北高校との定期戦を控えていたが、竜が襲ってくるようで、ハードルの練習に身が入らない。そんな時、竜は担任教師の目の前で明美を強姦し、翌日退学させられる。定期戦の当日、竜の不安から解放されたミサは以前の調子を取りもどし、スタートと同時にトップを走っていた。その時、みさは観客席にいる竜の姿を見る。そのとたん、ハードルに足を引っかけ、最下位になってしまう。教室で失意のあまり、泣きじゃくるみさに竜が近寄ってきた。茫然と立ちつくすみさに、抵抗する力はもはやなかった。あれほど恐れていた竜に犯されたみさではあったが、なぜか女になった喜びと一種の解放感が彼女にはあった。それ以来、みさは以前のような明るい女子高校生になっていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました