日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

襲られる
ヤラレル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1977年09月03日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
68分  

陰惨な欲望に身体を蝕まれた過去をもつ女が再び強姦される姿を描くバイオレンス・ポルノ。脚本は「横須賀男狩り 少女・悦楽」の那須真知子、監督は「野球狂の詩」の加藤彰、撮影は「宇能鴻一郎の上と下」の畠中照夫がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
伊地智啓
企画
奥村幸士
脚本
那須真知子
監督
加藤彰
撮影
畠中照夫
音楽
高田信
美術
川船夏夫
録音
福島信雅
照明
土田守保
スチール
寺本正一
編集
鈴木晄
助監督
高橋芳郎
制作補
田中雅夫

ストーリー

夫・経堂に寄添い幸福そうな友美を乗せたハネムーンの車が山道を走っていた。「勘忍して」、力つき果て息も絶え絶えの少女の哀願が、野獣と化した若者達に聞き入れられるはずもなく、欲情が暴力を生み、少女は変わる変わる野獣の餌食にされていく。通りがかりの経堂が少女を助けた時にはすべてが終わっていた。傷ついた少女を見た友美は、幼い日の自分をみる思いがして、目を覆い震えるのだった。友美と経堂は、小さな海辺の町に立寄った。あるスナックに入った友美は、客と談笑する板前の森山を見て愕然とする。森山こそ十二年前、少女だった友美を強姦し、彼女のすべてを変えた男だった。その夜、友美は過去の恐怖と屈辱を振り切ろうと、夫の腕の中で激しく燃えた。ある日、気持よさそうに泳ぐ友美を双眼鏡が追っていた。友美を見ていたのは、かつて彼女が勤めるブティックで万引きをし、友美に訴えられた薫をはじめとする不良グループだった。復讐しようと、薫たちは友美を襲う。ボートの底へ潜り、逃れようとする友美の抵抗は喘ぎと変わっていた。夕暮れの浜辺で赤児のように友美は眠った。しばらくして友美がホテルへ戻ると、彼女のジャケットを海辺で拾った森山が訪ねて来る。森山のためにこうなったと、友美は泣き叫ぶのだった。翌日、森山は友美と約束したバンガローへ向かった。森山は友美をあざ笑うと、再び彼女を襲う。友美は森山を殺そうとするが、何を思ったか、森山のなすがままになった。突然、友美は助けを求めて叫んだ。森山はうろたえ、砂浜をころげ回る友美を必死におさえようとする。それは、いまわしい過去を振り切ろうとする友美の執念だった。警官に連行される森山は大声で笑った。そんな森山を友美は思いっきり殴り、「強姦魔!」と精一杯の声で叫ぶのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。