日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

女子大生 ひと夏の体験
ジョシダイセイヒトナツノケイケン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1977年09月03日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
71分  

大学生が、性体験によって一人の男として成長していく姿を描く。脚本は「団地妻 肉体金融」の兼子平吉、監督は「女秘書の告白 果肉のしたたり」の近藤幸彦、撮影は「夜這い海女」の山崎善弘がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
伊藤亮爾
企画
奥村幸士
脚本
兼子平吉
監督
近藤幸彦
撮影
山崎善弘
音楽
高田信
美術
柳生一夫
録音
神保小四郎
照明
高島正博
スチール
目黒祐司
編集
堀田好倫
助監督
浅田真男
制作補
青木勝彦

ストーリー

競馬新聞を駅の売店に配達するアルバイトをしながら大学へ通う袖木修は勉強に励むわけでもなく、遊びに熱中することもない青年である。修は、いつものように売店に新聞を届けた時、売子のふみに初めて声をかけられ、日曜日に喫茶店で会う約束をした。修がアパートへ帰ると、高校時代の先輩・太一が女を連れてくる。プレーボーイの太一は、修に見せつけるように堂々と性行為を行なった。純情な修にとって、その光景はあまりに衝撃的であった。修は女子大生・節子に憧れていた。しかし、奥手な修は、その姿を遠くから眺め、部屋で節子を想像しながら、自慰行為に耽る事が精一杯であった。日曜日、修はふみに会い、身上話を聞きながら、彼女に年上の女の魅力を感じ、ふみのアパートで衝動的に襲いかかった。不慣れな修を、ふみは優しくリードするのだった。若い修は、すぐふみに挑んでいく。今度はもう、一人前の男として。バイトの帰り、修は節子と友人の由香に会い、飲みに行く。その時、太一も現われ図々しく、節子につきまとったので修は面白くなかった。由香が泥酔し、節子のマンションに四人で行ったが、由香を介抱している間に、太一と節子はすでにセックスにふけっている。修は太一への憎悪と嫉妬心で思わず外に飛びだした。うさをはらすように、ふみと激しく抱き合ったが、修にとってふみは、単なる性のはけ口にすぎなかった。だが、ふみにとって修は、かけがえのない男となっていた。女房きどりで世話をやくふみが、修にはいささか負担に思えてくる。そんな事を考えていた時、太一が訪ねて来て、「切れたいのなら俺に任しとけ」と一計を案じた。ある日、ふみは買い物をして修を訪ねて来る。修は、乱暴にふみを抱き寄せると、ふみの瞳も燃えていた。突然、太一が飛び込んできて、強引にふみを押し倒し、犯し始める。修は無表情に出て行った。ふみは懸命に抵抗したが、しだいに絶望したかのように力を弱め、太一のなすがままになっていく。そして、修の本心を知ったのだった。ある日、修は節子と由香とともに葉山の海岸に行った。ヨットの上で節子と修は始めて抱きあう。激しく燃える修には、ふみの事など頭になかった。夏も終わり、修は学校で節子に会うが、節子は無視する。節子にとって修は遊び相手にすぎなかった。修はバイトで売店に行ったが、ふみの姿はもはやなかった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。