日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

おさわりサロン おしぼりでお待ちします
オサワリサロンオシボリデオマチシマス

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1977年07月09日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
70分  

おさわりサロンのホステスとおかまの奇妙な二人の人生の出会いから別れまでを描く。脚本は「トルコ(秘)最前線 密技96手」の大原清秀、監督は「女高生トリオ 性感試験」の白井伸明、撮影は「卒業五分前 群姦(リンチ)」の仁村秀信がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
八巻晶彦
企画
奥村幸士
脚本
大原清秀
監督
白井伸明
撮影
仁村秀信
音楽
高田信
美術
川崎軍二
録音
古山恒夫
照明
原口進
スチール
寺本正一
編集
山田真司
助監督
黒沢直輔
製作担当
山本勉

ストーリー

ここ上野のおさわりサロン「ランラン」は今夜も大繁盛。ホステスの亜紀子はこの店で一番の売っ子。彼女のサービスぶりは底徹していて、仲間の反感をかったが、そんなものには目もくれずに今日も大サービス。夜更けくたくたになってアパートへ帰ってくると、そこに同じ店のホステス桃子が彼女を待っていた。桃子は今日も亜紀子に金を借りに来たのだ。桃子のヒモ板谷はひどい男で、賭けの負け分のかわりに桃子の身体をその相手にさしだすのであった。更に彼は、亜紀子までものにしようと狙っていた。美貌のオカマ・ジュンが亜紀子の前に現われたのは、ジュンがホモの刑事森においかけられ、「ランラン」に逃げ込んで来た時だった。栄養失調だったジュンを亜紀子はかくまって介抱したのだった。それから二人の奇妙な生活がはじまった。しかし、ジュンは実は指名手配の窃盗犯であった。そのことを知った亜紀子の前から何度か彼女の通帳などを盗んで逃げようとするが、二人の間には愛がめばえていて、それもできなかった。そんなある日、亜紀子のもとに「ノブコ・シス」の訃報がとどいた。また板谷がジュンの秘密を知り、それをネタに亜紀子を自分のものにしてしまおうとするが、そこへジュンが帰ってきて、すぐ警察へ通報。股間悶絶玉つぶしで板谷を失神させ、警察の森刑事からジュンをかくまう亜紀子。しかし現場に到着した森刑事は、以外にもジュンをつかまえに来たのではなく、板谷を逮捕しに来たのだった。そうとは知らず、これ以上亜紀子に迷惑をかけられないと早とちりしたジュンは置き手紙をのこし亜紀子の前から姿を消すのであった。失望のどん底からはいあがろうと今日も亜紀子は働くのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。