日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

俺の空
オレノソラ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1977年05月28日 
製作会社
東宝東京ムービー新社 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

本宮ひろ志とチューリップ組原作の同名劇画の映画化。財閥の後継者として、家の作法通り花嫁さがしの旅に立つ主人公を描く。脚本は「サチコの幸」の出倉宏と松本正志の共同、監督は「狼の紋章」の松本正志、撮影は「星と嵐」の原一民がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
仲川哲朗川野泰彦
原作
本宮ひろ志とチューリップ組
脚本
出倉宏松本正志
監督
松本正志
撮影
原一民
音楽
土田治一
美術
育野重一
録音
原聡
照明
高島利雄
スチール
石月美徳
編集
武田勲
助監督
鷹羽邦彦
製作担当
岡本教穂
製作協力
双樹社

ストーリー

安田一平は、高校を二年間で終了し、安田財閥の後継者として、あとの一年間を安田家の作法通り、花嫁さがしの旅に出ることになっていた。探してきた娘が、親族の中で一人でも反対者がいた場合は、一平は後継者としての資格も失うことになるのだった。この一平の旅を利用して、安田家の後継者の椅子を狙う男たちがいた。叔父、政行、その息子、統一郎である。東海道を旅する一平は、静岡で美奈子という娘を救う。一平には、二人母がいた。一平の実母、妙は昔、源治郎を救ったことをきっかけに、一平とともに安田家へ来たが、家族の冷偶を受け、家を出て不幸な一生を閉じたのであった。そして、十年間、一平を育ててくれた和子がもう一人の母だった。旅を続ける一平は、清水で亜矢と知り会う。亜矢は、黒崎一家の一人娘で、そこで一平は彼女の危機を救った。そのことが忘れられず、一平のあとを追う亜矢。京都に向う途中、亜矢の一件で恨みを持つ者に一平は襲われ、崖から激流へ落ちてしまう。彼を救ったのは、飯場で働くあき子だった。彼女は、口がきけず、記憶喪失だった。この飯場は、関西の財閥、大友グループのものだった。一平は、あき子に恋をしたが、飯場の仲間の前川も大友家のドラ息子の敬三も毒牙をむいていた。そして、別荘の落成記念パーティの席上で、あき子が突然、口をきいた。あき子は、白菊という祇園の芸妓で、政界の大物、黒田権次郎に、二千万円で売られたのだった。しかし、自動車事故に遭い、記憶を失くし、このパーティで黒田を見て、自分の記憶をとりもどしたのだった。二人に止められながらも、祇園に帰る白菊。一平は、五千万円をつんで、黒田と、白菊を取り合いになり、勝ったが、白菊は一平の申し出をことわった。このことは、統一郎の耳に伝わり、安田一族の会議の結果、一平は人生勉強のために金を使った、すなわち、自分自身のために金を使ったということになり、源次郎のツルの一声で、花嫁探しの旅をつづけるのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。