日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

突然、嵐のように
トツゼンアラシノヨウニ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1977年04月29日 
製作会社
松竹バーニングプロ 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

都会で暮す孤独な青年と看護婦が、交通事故をきっかけに知り合い、愛し、同棲生活の中で傷つき別れるまでを描く。脚本は「祭りの準備」の中島丈博と「愛と誠・完結篇」の山根成之の共同、監督は「おとうと(1976)」の山根成之、撮影は「憧憬 あこがれ」の坂本典隆がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
周防郁雄
製作
樋口清
脚本
中島丈博山根成之
監督
山根成之
撮影
坂本典隆
音楽
三原綱太
美術
重田重盛
録音
田中俊夫小尾幸魚
照明
佐久間丈彦
スチール
長谷川宗平
編集
富宅理一
助監督
佐光曠
製作進行
中沢宣明
制作補
池田義徳

ストーリー

二十一歳の若者・石田日出男は、無鉄砲な青年。今日も、かっぱらった免許証でオンボロ車をぶっ飛ばし、スポーツ・カーなどと競争していた。しかし、その日は、運悪く対抗車の大型トラックと衝突し、血まみれになって彼は病院へ。そこで、彼は、看護婦の小林由紀と知り会う。彼女は、昼間は看護婦をして、夜は通信教育で勉強しているガンバリ屋であった。そんな由紀の目には、日出男の放漫な態度が魅力的に写り、二人の仲は急速に親しくなった。日出男は、順調に回復したが、途中で病院の支払いができなくなり、病院を追い出されてしまう。しばらくして、二人は再会。日出男が由紀のところにころがり込むようにして、二人の同棲生活が始まる。二人は、由紀の故郷を旅し、由紀の家族の冷たいしうちに打ちのめされて帰ってくる。これに反発するように二人はガムシャラに働く。そうこうしているうちに、由紀が妊娠。しかし、由紀は道でころんで流産。日出男は、由紀の入院費や手術費を捻出するため、走りまわるのであった。まともな金を稼いだことのない日出男は由紀の勤めていた病院から、堕胎者のリストを盗みだし、仲間の仁と二人で恐喝をやることにした。しかし、運悪くヤクザの情婦をおどかし、逆にヤクザにおどかされてしまった。そして日出男は、ヤクザの報復をおそれ姿を消す。半年後、ホステスに身を落した由紀は、客と温泉に出かけたがその旅先でタクシー運転手として働いていた日出男に再会。由紀は、新婚旅行だとウソをつき、二人は、他人をよそおって悲しいわかれをつげるのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました