日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

(秘)温泉 岩風呂の情事
マルヒオンセンイワブロノジョウジ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1977年04月09日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
64分  

山奥の温泉を舞台に、繰り広げられる男と女の人生模様を描く。脚本は「トルコ最新テクニック 吸舌」の池田正一、監督は「おんな(秘)発情度」の林功、撮影は「女高生トリオ 性感試験」の山崎敏郎のそれぞれが担当。

スタッフ

製作
海野義幸
企画
奥村幸士
脚本
池田正一
監督
林功
撮影
山崎敏郎
音楽
高田信
美術
坂口武玄
録音
秋野能伸
照明
松下文雄
スチール
寺本正一
編集
鍋島淳
助監督
飛河三義
制作補
天野勝正

ストーリー

山峡の奥に、ひっそりとたたずむ温泉旅館の仲居・弓子は天真爛漫に生きる女。まじめで好青年な新司という恋人もいた。ある日、弓子は、客の大学生・草間らに犯されそうになったところを新司に救われる。しかし、その晩のことも忘れて、弓子は草間たちとドライブへ。新司も山道で出会った昌子とホテルへ。彼ら二人は、心とは裏腹に、反発しあっているのだった。ある日、板前の順三と新司が市場からの帰り道に、順三が昔、殺してしまった敏男という男の妻の良江と再会。鬼勘と呼ばれる金貸しの二号となっていた良江。空しい性の宴の中で、良江の頭にうかぶのは、順三のことであった。もともと、敏男のあまりの暴力から、彼を殺してしまった順三。そんな二人だから決心した良江とともに、順三は岩風呂で燃えた。一方、弓子のヒモ・田島が現われ、弓子と田島が激しくやり合っていると、順三と新司がかけつけ、順三と田島は、雪渓の彼方へのみこまれ、残った二人はしっかり抱きあうのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。