日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

嗚呼!!花の応援団 男涙の親衛隊
アアハナノオウエンダンオトコナミダノシンエイタイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1977年03月19日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
93分  

シリーズ第三作目。青田赤道も第三代目で、今回も学生らしい純情さと硬派精神を南河内大学応援団を中心に描く。脚本は「嗚呼!! 花の応援団 役者やのォー」の田中陽造、監督も同作の曽根中生、撮影は「発禁本「美人乱舞」より 責める!」の森勝のそれぞれが担当。

スタッフ

製作
三浦朗
企画
成田尚哉
原作
どおくまんプロ
脚本
田中陽造
監督
曽根中生
撮影
森勝
音楽
コスモスファクトリー
美術
菊川芳江
録音
橋本文雄
照明
土田守保
スチール
目黒祐司
編集
山田真司
助監督
中川好久
制作補
高橋信宏

ストーリー

桜も溝開。お花見シーズン到来。南河大応援団も花見を開くため、徹夜で、北口、富山、小林の三人が席とり。しかし、そこは団員数二百人の浪華大応援団が例年使っている場所であり、あわやというところを南河大親衛隊隊長・青田赤道に救われる。青田には、ミス日本との見合いの話があり、ちょうどその頃、青田のまわりを黒メガネの男がつきまとっており、青田は、自分の素行調査のためにやとわれた私立探偵とおもい、いつものメチャクチャな行動をつつしむ。しかし、その男は、醜悪人間愛好症という病気の人間であった。そろそろ試験シーズン。青田といえども試験だけは受けなければならないが、青田は、北口、富山らに科目別の代役を命じる。しかし、新任の助手・石部はガチガチの男で、青田のかえ玉作戦を見やぶりゆるさなかった。しかし、彼も青田の前にやられてしまうのであった。青田の父・玄道が、剣道の試合のため、大阪に上阪。決勝での相手は、浪華大師範の千藤七段。さすがの玄道も年齢にはかなわず、かなりの疲労。互いに一本づつ取ったが、相手の攻撃にたじたじの玄道。その時、赤道の一声により、玄道は逆転勝ち。今まで、散々青田にいためつけられてきた浪華大は腹の虫がおさまらない。しかし、団長の角木の命令により、青田父子にエールをおくる。そのエールに合わせ、赤道は玄道を抱いて夕陽に向かって歩いていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。