日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

憧憬 あこがれ(1977)
アコガレ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1977年03月19日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

一人の青年が愛と家族の葛藤に悩みながらも、新しい生き方を求め成長していく姿を描く。脚本は「童貞(1975)」の松原信吾と仲倉重郎、栗山富夫の共同、監督は「凍河 とうが」の斎藤耕一、撮影は「おとうと(1976)」の坂本典隆がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
野村芳樹
脚本
仲倉重郎栗山富夫松原信吾
監督
斎藤耕一
撮影
坂本典隆
音楽
かまやつひろし
美術
芳野尹孝
録音
平松時夫松本隆司
照明
八亀実
スチール
赤井博且
編集
杉原よ志
助監督
仲倉重郎
製作進行
玉生久宗

ストーリー

洋介は、亡父弘隆の七回忌の法要が行なわれた日、四年ぶりにアメリカから帰国。母親千鶴子は、夫の死後、村形製薬を一人できりまわし、兄・英樹もそんな母の期待にこたえるように逞しかった。母は洋介にも、英樹のように逞しくなってほしく、米国留学をさせたのであった。しかし、洋介は、一年間の大学生活で、自分が村形家の一員とし耐えられないことを悟り、大学をやめ、放浪生活を送っていたのだ。そのことをこの期に母に内明けようとしたが千鶴子の顔を見ると何も言えなかった。その日、兄のフィアンセ・由幾を見て、洋介はその美しさにひかれ、自分の夢のよき理解者であると直感。由幾もそのようなことを感じた。由幾は銀行頭取の娘で、壁画家であった。それから、二人は何回かのデートをかさねた。洋介はある日、福生の街で知り合った自称・カルロスを由幾と二人でたずねた。しかし、その時連中は、麻薬パーティを開いていて、洋介と由幾はびっくり。カルロス等は翌日、警察に摘発され、洋介の名も新聞に出てしまった。由幾は英樹と洋介の間にはさまって悩む。そんな由幾の気持の一番の理解者は千鶴子であった。数日後、由幾をヨットに誘い、洋介は彼女に求愛。しかし、今は強くなった洋介の愛を拒絶する由幾。二人がヨットで出かけたことに気づいた千鶴子と英樹は、慌てた。そして親子の対立。英樹は千鶴子の由幾を迎えにいってほしいという願いを、由幾は自分の所に帰ってくると言い張る。結局、由幾は英樹の所にもどって来る。赤く染った海上に浮びヨットの上で洋介はいつまでも動かず、じっとしていた。そんな彼の後姿はたくましい青年の姿に変わっていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。