日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

レイプ25時 暴姦
レイプニジュウゴジボウカン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1977年01月22日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
73分  

バイオレンスポルノ第三弾。暴姦魔をエキスパートナーとして、次第に男に成長していく若者を描く。脚本は「大地の子守歌」の白坂依志夫と「色情妻 肉の誘惑」の桂千穂の共同、監督は「暴行切り裂きジャック」の長谷部安春、撮影は「花芯の刺青 熟れた壷」の森勝がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
伊藤亮爾
企画
奥村幸士
脚本
白坂依志夫桂千穂
監督
長谷部安春
撮影
森勝
音楽
月見里太一
美術
川崎軍二
録音
古山恒夫
照明
土田守保
スチール
井本俊康
編集
鈴木晄
助監督
浅田真男
制作補
山本勉

ストーリー

街のなかにある、どこにでもあるような平凡なガソリンスタンド。ここに若者はつまらなそうに働いていた。このスタンドへ、風がわりな三人の男が、ある男を探しに来た。この男達が出て行くと、入れ替りにその男がやって来た。男は顔を洗い、出ていこうとすると、さっきの三人の男がもどってきた。男はあわてて、スタンドにとめてあったトラックにのり、エンジンを始動した。若者も反射的にあわててトラックにとび乗った。男のハンドルさばきは確かであった。三人組の男達をまんまとまき、住宅街に車を停止した。そして、車の中から見える二階の窓に女の姿が写った。男は軽い身のこなしで、二階へ上がり、ルリ子というその女にとびかかる。若者も力を貸し、男の行為により、ルリ子は失神してしまう。しかし、若者はルリ子には何もしなかった。二人は別れた。若者は男の強裂なイメージが頭から離れず、一人の少女を犯すが、やはり、途中でやめてしまった。スタンドに再びあの男が現れた。二人は街に出て、二人のホステスに目をつける。男は強靭な持続力で二人を犯しつづけ、金を奪って逃げるのであった。男はルリ子のことが忘れられず、再びルリ子と燃えるのである。若者は、そんな男に嫉妬した。若者の誘いで二人は、宝石店の夫人を襲う。今度は、男がやらなかった。机の中に精巧な電動コケシを見つけたからであった。男はあの二人組に襲われた。三人はおかまの集団であった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。