日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

感じるんです
カンジルンデス

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1976年08月11日 
製作会社
日活映画 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
71分  

仲間たちの旺盛なセックスに刺激され、とまどいながらの初体験を経験する女の子を描く、泉大八原作「ジュンちゃん」の映画化。脚本は「あるコールガールの証言 露出」の吉原幸夫、監督は「新・団地妻 夫婦交換」の白鳥信一、撮影も同作の畠中照夫がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
樋口弘美
企画
成田尚哉
原作
泉大八
脚本
吉原幸夫
監督
白鳥信一
撮影
畠中照夫
音楽
蓼科二郎
美術
土屋伊豆夫
録音
紅谷愃一
照明
土田守保
スチール
浅石靖
編集
井上親弥
助監督
加島春海

ストーリー

ジュンは洋裁学院へ通っている女の子。でも、友人のパンコなどは拳銃マニアのワルサーとセックスは日常茶飯事なのに、ジュンは今だに未経験。そんなある日、ジュンは弟のチンがオナニーしているのを見てパンコに相手をしてくれるように頼んだ。するとパンコは、その変りに彼女の兄の憲ちゃんの相手をしてくれと言い出した。それで四人でハイキングに行きそこで憲ちゃんはジュンのスカートの中にもぐり込んで……。ジュンの高校時代の友人で医大三浪のテレパンは、以前からジュンを好きで、ジュンもまんざらでもなく、ある日、決心して全てを与えようとした。でも、テレパンは、ジュンのバストに触れただけでアッというまに爆発して終ってしまった。それでもハッピーな気持のジュンに冷水をかけたのは、テレパンの教育ママで、ジュンが男遊びをしているとテレパンに吹きこんだ。テレパンはヤケになって好きでもない女とセックス。そんな二人がうまくいってないと察したパンコは、気をきかせて二人を会わせるように仕組んだ。そしてテレパンが悩んでいるのを見て、ジュンは思いきって服を脱ぎ、テレパンに抱きついた。彼も激情にかられてむしゃぶりついてくる……。終ったジュンは「さよなら」と一声残して飛びだしていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。