日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

色情海女 乱れ壷
シキジョウアマミダレツボ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1976年07月31日 
製作会社
日活映画 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
72分  

異父兄妹ゆえに結ばれぬ恋を断ち切ろうと苦悶する海女が主人公のロマン・ポルノ。脚本は「あの感じ」の大工原正泰、監督は「トルコ(秘)最前線 密技96手」の遠藤三郎、撮影は「太陽は泣かない」の高村倉太郎がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
岡田裕
企画
成田尚哉
脚本
大工原正泰
監督
遠藤三郎
撮影
高村倉太郎
音楽
奥沢散策
美術
林隆
録音
古山恒夫
照明
直井勝正
スチール
寺本正一
編集
堀田好倫
助監督
飛河三義

ストーリー

外房で海女として働く初子は、異父兄の浩一と共に生活し共に働いているのだが、いくら好きでも兄妹という厚い壁にはばまれている。その想いを打ち消そうと、初子はアルバイトで海女芸者をしながら毎晩のように客と寝ていた。ある日、浜辺に心中未遂の男女が引き上げられた。この鈴子と安男は浜の人たちの介抱で元気になると、鈴子は網元の吉太郎の経営するバーで働くことになり、初子は、居場所のない安男を家に泊めてやることにした。その晩、安男は初子を抱きしめ、最初は嫌がった初子も、次第に燃えてくるのだった。隣の部屋では浩一が初子の洩らす声を息をひそめて聞いていた。翌日、浩一が町を出た。その夜、初子は積極的に安男を求めるのだった。数日が経って、浩一がひょっこり帰って来た。浩一の顔を見て怒り出した初子だが、やがて泣きじゃくりながら浩一の胸に飛び込んでいった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。