日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

濡れた壷
ヌレタツボ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1976年03月19日 
製作会社
日活映画 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
69分  

心の奥深く沈潜しているSEXの発露を描いたロマン・ポルノ。脚本は「赤線飛田遊廓」の宮下教雄、監督は「修道女ルナの告白」の小沼勝、撮影も同作の水野尾信正がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
三浦朗
企画
奥村幸士
脚本
宮下教雄
監督
小沼勝
撮影
水野尾信正
美術
土屋伊豆夫
録音
橋本文雄
照明
高島利隆
スチール
井本俊康
編集
井上治
助監督
浅田真男

ストーリー

淫乱な実の母・梅子に夫を奪われた亜紀は、競馬狂の父と浪人中の弟の面倒をみているスナックのママである。亜紀は夫には未練はないが、セックスのない毎日に悶々としていた。ある日、亜紀は店の客の花松が経営するマネキン工場を訪れた。そこで裸形のマネキンを愛撫する花松を見て思わず濡れてしまう亜紀。そんな亜紀にのしかかった花松だったが、途中で行為を中断した。亜紀は屈辱にふるえた。一方、戻って来た梅子の乱行は止まず、その上、年老いた父まで幼女を犯すという事件を引き起こした。老人たちが、いたいけな少女を輪姦する凄まじさ。亜紀はスナックに来た花松の欲望のままに身をまかせ、せきをきったように狂い、快楽をむさぼった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。